Desafio

Category: 未分類   Tags: ---

【 個別面談期間 】


9月からスタートした個別面談期間も残りわずかとなりました。

今回こういった形で期間を決めて、集中的に個別面談ができたのは本当に良かったと思います。

7月、8月、に行ってきた、「技術強化夏合宿」「スペシャルキャンプ」、そして「リフティングチャレンジ」の流れから、「ステップアップクラス」もスタートし、今回の「個別面談 集中期間」へと繋がりました。

この流れは、ただ単純に表面的にイベントを行っているのではなく、選手達の更なる成長の為、またそれを可能にする環境を作っていく為のものです。

そして個別面談のタイミングも重要でした。

一年で最も大きな成長が可能な今の季節のタイミングが非常に良かったです。

実際に面談を行った後の選手達は、
それまでなかなか超える事ができなかった自分の中の自分という壁を、
いともあっさりと超えてしまっています。

「個別面談集中期間」も、残り2週間ほどになりましたが、
まだ面談を行っていない選手達や迷っている選手達は是非この機会に是非お申し込み下さい。

何かご不明な点などありましたら、コーチ、フロント・スタッフまでお声をお掛け下さい。

よろしくお願いいたします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 未分類   Tags: ---

【 前へ進む為に 】

desafio20151006.jpg

「上手くなり続ける」という事が一番難しい

正しく「感じ」「考え」「努力する」

常に向上心を持ち続け

「チャレンジし続けたい」
と思える謙虚さを持つ事は難しい

誰だって、自分が「できている」と思いたい時だってある

ひとつの目標を越える事に時間が掛かり
苦労をすればするほど、その気持ちは強くなる

" 前に進み続ける " という事は、それを経験していない人間が
軽々しく「やれ」というほど簡単な事ではない

大人だからできていて

子供だからできていない

そんな方程式なんて存在しない

夢や目標を持ち続け

そこへ向かってまっすぐに努力をする

「正しい場所」で

「正しい考え方」のもと

「正しい努力」をする事

自分の成長プロセスを正しく経験する為に

間違った努力をどれだけしていても

一歩も前へは進めない

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 未分類   Tags: ---

【 なぜ違和感を感じるのか? 】

desafio20150813PR.jpg

自分は子供の頃から、
日本のサッカーに対する違和感を漠然と感じていた。

環境事態そのものにも感じたが

やはり一番強く感じたのは

" 自分では何もやらないくせに偉そうにしている大人達 "

「サッカーが上手くなりたければ " チーム " に行くのが普通」

という風潮は、いまとなんら変わらなかったけど

「そのチームを作る大人に問題がある」と小学生の頃に強く感じた。

小学3年生の頃には、

「絶対にプロのサッカー選手になる」と

はっきりと決めていたけど、

チームに行ったら「自分のサッカーを壊されて駄目になる」

と感じたので自分1人でトレーニングする事に決めた。

常にボールに触る事を心掛けたり

自分が友達を集めてひたすらゲームを繰り返した。

小学生の頃は同じグランドに中学生や高校生が居ると
「試合しようぜ」とよく言いに行ったものだった。

自分にとってサッカーはやらされるものではなく

自分で道を切り開かなくてはいけないものだと感じていたから。

もし自分が子供の頃にこの違和感を感じられなかったら?

絶対にプロのサッカー選手にはなれなかった。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 未分類   Tags: ---

【明日から夏期合宿】

SGS13k.jpg

明日から、いよいろ合宿が始まります。

今回の夏期合宿には、所沢校、草加校、ふじみ野校、品川校から、
全国からも合宿の為に参加してくれる多くの選手達が来ます。

合宿の中では、徹底的に「トラップ」という技術を身に付けてもらいますが、
梅雨も明けたという事もあり、トレーニング中には厳しい暑さが予想されます。

コーチ陣も選手達のコンディションには細心の注意を払ってトレーニングを行いますが、
グランドの中でトレーニングに集中する為にも、
自分自身の身体のコンディションをしっかりと整えて合宿に参加してほしいと思います。

合宿の前日には、しっかりと睡眠を取る事が大切です。

また、行きのバスで乗り物酔いをしてしまうと一日目のトレーニングに影響を及ぼしてしまいますので、
酔い止め薬が必要な選手はバスの時間を逆算して万全の体制で合宿に望んで下さい。

2日間の中で選手達が「確実に成長できた!」とハッキリと感じてもらえる素晴らしい合宿にする為に
最大限のサポートをしたいと思っていますので御協力のほど宜しくお願いします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 未分類   Tags: ---

【ドリブルの記憶】

DRBL.jpg

自分がサッカーを初めて体験したのは小学1年生の時。

引っ越した先で、近所に住んでいた小学生の仲間に入れてもらう為に、ストリートサッカーに入れてもらったのがスタートだった。

場所は、5メートル幅くらいの砂利の坂道。

そこで、なんとなくボールを横っ飛びでキャッチする感覚が好きでゴールキーパーをしていた。

次に残っている強い記憶は、自分でボールを持ってドリブルをした時の感覚。

それがボールを手でキャッチするより気持ちよくて、気が付いたらキーパーを止めていた。

上手くなる為の練習なんて一切分からず、マラドーナやペレ、プラティニにラウドルップ、そんな選手達のようになりたくて毎日ボールに触っていた。

正直、リフティングなんて全く出来なかったし、めちゃくちゃ上手いやつがやる練習だと思っていたので、自分ではひたすらドリブルの練習だけをしていた。

なんとか友達を無理矢理集めて、学校の校庭や近くの公園でボールが見えなくなるまでひたすらゲームをやって、1人の時はマラドーナやペレをイメージしてドリブルを続けた。

自分のサッカーのスタートの記憶はボールを持つという感覚で、それは昔も今も変わっていない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR