Desafio

Category: コーチング   Tags: ---

【 理由 】

20180207104520fb4.jpeg

止める理由 と 続ける理由

諦める理由 と 諦めない理由

どっちを選択するのが簡単か?

誰にでも分かるはず。

成長を止めて諦めるのは簡単で一瞬だ。

ただし生き続けていく以上、どんなに時間が経とうとも、どんな形であれ、諦めたことと同じように向き合わなければいけない日は必ず来る。

後で振り返って、その時に中途半端に諦めた事に後悔しても失った時間を取り戻す事はできない。

少しずつ自分のペースで良い。

諦めない理由を見つけて成長し続けられる強さを身につけてほしい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 身体の使い方 】

201801221118568b3.jpeg

自分の身体って自分が思っている以上に使いきれていないと思う。

それはサッカーに限った事ではなく、色々な事に当てはめて感じる事ができる。

例えば自分が、いまサッカー以外のスポーツを急にやった時に、子供の頃であればもっとできていたイメージはあるけれど、いまやってみると身体がついていかないというギャップを感じる事がある。

それは単純に体力が衰えてるというより、サッカーを何十年も行なってきた結果、その身体の使い方の精度は上がっているけれど、それ以外の使い方をしていない事が原因の一つだと思う。

しかし、サッカーというスポーツを通して日々身体の使い方を感じ学んでいるので、その動きを理解すればある程度できるようになるのに時間は掛からない。

圧倒的に天性の運動能力を持っていれば、特に何も考えなくても感覚的に全ての動きに反応した身体の使い方ができるのかもしれないが、そんな能力がなかったとしても、正しく感じ考える事さえできれば身体は使えるようになる。

例えば育成年代の選手達が、リフティングはできるけどトラップはできないとか、ボールを持てないというのは、その感覚を理解できていないからに過ぎないだろう。

でもボールを高いレベルでコントロールできるところまで努力ができている選手というのは、身体の使い方の仕組みさえ理解する事ができれば全てのプレーの質を上げる事は可能だ。

もちろん何を持ってそのボールコントロールが「できているのか?」と判断するには、プロの基準があり、全てのリフティングがサッカーに繋がる訳ではないという事は付け加えなければいけない。

身体の使い方を感じ、考え、学ぶ事。

そして、そこには「 常にボールと共に 」という感覚を忘れてはいけない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 グランドの上の現実 】

今回の大雪は1日降っただけの様に感じますが、大寒波の影響もあり雪の積り方、残り方(寒さの影響で雪が溶けず除雪作業が進まない)も含め、今までで一番大きな影響が出ました。

特に寒さが厳しかったのは、雪が降った22日(月)そして25日(木)26日(金)です。

20180127103339c3a.jpeg

20180127103340a71.jpeg

20180127103341dfd.jpeg

スクールが始まってから終わるまでの間の気温が氷点下まで下がっています。

26日(金)に関しては風も強く体感的に相当な寒さです。

気温だけで言うと冷蔵庫の中でサッカーをする様なレベルでしょう。

そんな寒さで集中力が欠いた状態の中で、しかも下が凍り滑る状況の中で普通に安全にトレーニングする事は正直難しいですね。

それでも「 関係ない!」「気持ち次第だ!」と根性論でなんとかなると思っている人は一度自分がその中でサッカーを体験してみると分かるでしょう。

ここまでの寒さでなくとも日が出ていない夜間に5度を下回った状態でプレーし続けていると、まず足の指の感覚が徐々に無くなって麻痺して来ます。

その状況で「 ボールタッチを感じろ!」と言われても難しい。

子供は体温が大人より高く個人差はあったとしても、普通にプレーしていても身体が温まるまで相当な時間が掛かりますからね。

完全防寒して暖かい格好をして、ただ見ているだけの人には感じる事もできない感覚です。

自分が選手の目線で感じ考えなければ分からない事がその現場にあり、その環境や状況を正しく見極め判断できないと選手は成長できません。

まだまだ寒さは続きます。

普段より暖かい服装をしたり、トレーニング後の着替えを持って来る事はできるはずです。

この寒さの中でも体調を崩さず、怪我をせずにベストな状態でサッカーを続けていけるように選手自身も心掛けましょう。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 何の為? 】

サッカーというスポーツにおいて技術の重要性とは?

なぜボールをコントロールできなくてはいけないのか?

なぜボール感覚が必要なのか?

という意味を知らない選手は多い。

たとえば普通に生きている中で

なぜ呼吸をする必要があるのか?

なぜ言葉が必要なのか?

とシンプルに考えたら

「 生きる為 」に必要だからと分かる。

なぜサッカー選手に技術が必要なのか?

2018011909105000b.jpeg

それはサッカー選手として
生きて行く為、生き残る為に必要なことだから。

20180119091051649.jpeg

その意味を少しでも感じることができる感性があるのなら、利き足でプレーすることの意味も感じられるはずだ。

20180119091049ced.jpeg

「 利き足でボールを自分のものにする 」という感覚は、それほどあたりまえでなくてはいけない。

20180119091048572.jpeg

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 卒業生 】

20180118144047766.jpeg

明光サッカースクール所沢校卒業生の佐藤瑞香選手が会いに来てくれました。

現在は、ジェフユナイテッド市原・千葉レディーストップチームに所属し、日本代表としてもU-17女子ワールドカップ優勝、U-19アジア女子選手権優勝、そして今年の8月にフランスで開催されるU-20女子ワールドカップにも期待が掛かります。

20180118144048db7.jpeg
20180118144049a6d.jpeg

自分は小学一年生の頃からの成長プロセスを知っているので、彼女がどれだけ努力できる選手なのか見てきました。

久しぶりに会えて本当に良かったですし、何より昔とサッカーに対する思いや謙虚さは全く変わってなかったので安心しました。

これからの更なる活躍を応援してます。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR