Desafio

Category: コーチング   Tags: ---

【 勝つ事で失うもの 】

20180620095649c03.jpeg

勝つ事で決して失ってはいけないものとは?

「 謙虚さ 」

経験と歴史のない者が自分を見失ってしまい、過信から成長を止めてしまう一番厄介なもの。

勝敗だけに一喜一憂するのは、グランドに立ちプレーをする必要のないサポーターとサッカーを取り巻く環境作りに必要不可欠なスポンサーに任せておけば良い。

選手として成長する為の大切なものを学びたければ、そのプロセスを正しく冷静に見極めなければいけない。

本当の意味で何が正しくて、何が間違っているのか?

本質を見極める為には、国や人種、国境という固定観念を超える必要がある。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 奄美大島 】


檜垣コーチと奄美大島でサッカーの指導でした。

20180618134217af7.jpeg

いままさにワールドカップという世界のサッカーに触れている中で、世界のサッカーでプロを経験した人間の感覚や言葉から選手達が何を感じてくれたでしょうか。

20180618134219ef9.jpeg
2018061813422117e.jpeg
201806181342228fc.jpeg
20180618134224a2b.jpeg

世界中どこに居ても変わらないのは、自分の目の前にあるボール、そして自分自身と向き合い乗り越えていかなければ本当の成長はないということです。

それは選手だけではなく自分自身も含め同じです。

20180618134228257.jpeg

またそれぞれの目標を乗り越え成長した姿で会える日を楽しみにしています。

2018061813421811a.jpeg

保監督、武野コーチ、登コーチ、選手、ならびに保護者の皆様ありがとうございました!












20180618134227a60.jpeg
20180618134225a93.jpeg


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 技術の定義 】

20180608100440e41.jpeg

良いサッカー選手になる為には高い技術を身につける必要がある。

これは誰もが理解していることだけれど

その技術の定義とはなんだろう?

言葉から想像するものは人それぞれの自由なのかもしれないが、いまだにどうしても引っかかるのは、「 日本人は技術が高い 」という言葉。

これをどこの誰がどんな意味を込めて言ったかなんて分からないし、世界のトップレベルとの差がこれだけ明らかに離れているにも関わらず、「日本人は技術なら世界に通用する」なんて本気で思い込んでいる人達がいるということが不思議で仕方がない。

普通に考えても勝敗以前に、試合でプレッシャーが掛かり「ボールを持てなくなりミスが増える時点で技術は無い」ということになるだろう。

日本と試合をした海外のメディアの人達は当然、サービストークとして「日本人は技術が高いけれど〇〇だね」と本質を濁して話をするけれど、もしその「技術が高い」という部分だけを真に受けているとしたら日本のサッカーに進歩なんてなくなる。

何故ならそこで彼等が言っている技術という言葉はサッカーの本質の技術とは明らかに違った意味を持っているから。

これは自分もブラジルでプレーしていなければ分からなかったことなのかもしれないけれど。

いよいよ来週からワールドカップが始まる。

普通の感覚で客観的に見れば本質的な技術が相手を上回っていれば絶対に負けることはないということを感じられるはず。

サッカー選手として
本当に必要な技術とは何なのか?

自分自身は評論家ではないので、ブラジルで経験し感じたことを目の前にいる選手達に伝えていくだけです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 あたりまえのこと 】

201806071146528e4.jpeg

自分が上手くなること

選手を上手くさせること

自分にとってこれは同じ意味を持っていて
あたりまえのこと

でも選手を経験しないでコーチになった人間には理解できないらしい

教えたい

という 欲?優越感?が自分のキャパシティを超えてしまった時点で理不尽さが生まれる

自分が経験していないものは
人に正しく伝えることはできない

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 技術と感覚 】

20180605143148140.jpeg


技術が高い選手と技術が低い選手

どちらがより多くのことを感じ考えられるか?

感覚は持って生まれたものだけでなく、トレーニング次第で変化するもの。

その為には中途半端な技術ではなく圧倒的な技術を身に付けるしかない。

可能性を広げるのは自分の努力次第だ。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR