Desafio

Category: 選手   Tags: ---

【 Roberto Rivelino 】



ペレと共にセレソンでプレーし、
ペレが去った後のセレソンを支えた選手。

圧倒的な技術を持ち、利き足は左足。

そのプレースタイルには、ブラジル代表の選手にも関わらず、
マラドーナ自身が「 憧れていた 」と語るほどの選手だった。

その存在感は圧倒的だった。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 Andres Iniesta 】



「 ボールを奪われない 」

この本質をしっかりと理解したうえで
全てのトレーニングを行わなくてはいけません。

その感覚を感じたところからが、
自分のサッカーの本当のスタートです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 Romario 】



ボール感覚が、マラドーナに最も近いブラジル人の選手

これほど技術の高い選手がフォワードに居ること自体が、
ディフェンスの脅威になっている。

「 全てはゴールをする為に 」

彼の全てはゴールを意識したプレーであり、
自身もそこが最も重要だと答えている。

そして圧倒的な技術の高さがある事で
ゴールに最も近い位置で相手から
最も強く早く激しいプレッシャーを受けていても
味方の選手達にゴールを決めさせるパスが冷静に出せる。

ブラジル人の選手達にとってロマーリオという選手は
ある意味伝説の選手として語り継がれている。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 maradona 】



マラドーナの感覚

たぶん日常のトレーニング中に撮影されたもの。

遊んでいるように見えるが、

キーパーを付けた状態で、その動きを見極め、
あざ笑うかの様に5本連続でポストを狙って蹴って当てている。

ジダンが、その凄さと難しさに付いて語っているけれど、
これをあたりまえに自然とできるボール感覚は神の領域。

マラドーナ = ドリブル

というイメージを持っている人は多いかもしれないけれど、
それを可能にしているのは、パーフェクトなボール感覚があってこそ。

世界の歴史上、様々な偉大な選手達が存在するけれど、
「ボールを自分のものにする感覚」において
マラドーナ以上に優れている選手は存在しないだろう。

彼と同じグランドに立ちプレーした偉大な選手達は、
「 次元が違う 」と口を揃えて言う理由がそこにある。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 Roberto Baggio 】



ファンタジスタとは彼の為の言葉

圧倒的な技術

そして、その動きには全く無駄がなく
全てのプレーは芸術的だと言われていた。



ボールを自分のものにできる感覚があるからこそ
自分の想像を全て表現できるのがサッカーというスポーツ。

足を手のような感覚で使うのではなく、
足が手の感覚を越えていかなくては、こうなれない。

ブラジル人の感覚を持ったイタリア人と言われていた事もあったけれど、
彼の憧れの選手が、元ブラジル代表のジーコだったのは有名な話。



サッカーの感覚に国境は関係無い。

自分がどんな選手になりたいのか?

そこに向かってやるべき事をブレずにやり、
成長していくだけだ。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR