Desafio

Category: 選手   Tags: ---

【 Coutinho vs West Ham 】



どんなに、早く、強く、激しいプレッシャーの中でも
ボールを奪われないボールの持ち方を育成年代に感覚的に身に付ける。

それがブラジル人のボールの持ち方

自分の持っているものを最大限に活かす為、
生き残る為に身に付けた利き足の自然な使い方。

「 利き足だけ 」とか「 利き足しか 」使えないのか?

そんな発想がある時点で、
この感覚には一生気付かずに終わるだろう。

不自然に両足を使う事が一番素晴らしいとされる日本の環境。

ボールを足と足の間に置けと指導される日本。

そんな間違った固定観念に縛られていては、
何百年掛かったって世界のレベルには近付けない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 Dener 】



自分がブラジルに渡ったのが1991年の4月。

その年の1月に行われていた
コパ・サンパウロ ジュニオールという大会。

ジュニオールというカテゴリーは、
プロへの最終的な登竜門。

プロになれる可能性が高い選手達が厳選され、
選ばれた選手達がプロを目指し命懸けで戦う場所でした。

サンパウロ市内にあるチームには、
ブラジル国内の中でもトップレベルの選手達が集まってきます。

このコパ・サンパウロで優勝した、
ポルトゲーザというチームの中心選手、
大会最優秀選手に選ばれたのがDenerでした。

残念ながら自分は、この大会を見る事はできませんでしたが、
当時、自分のサッカー留学を斡旋していた会社が、
ポルトゲーザの下部カテゴリーにも留学先が入っていたので、
そのチームに通っていた留学生達から
Denerの凄さを聞かされていました。

それから当然のようにセレソンにも招集され、
その圧倒的な能力でプロでも活躍。

1994年にブラジルが優勝を果たした、
アメリカワールドカップに出場していれば、
世界的な選手になっていたでしょう。

今でいうところのネイマールのような選手で、
能力的には、それ以上と伝えられる事が多いです。

しかし、1994移籍したチーム先のリオで、
4月に交通事故に合い残念ながら亡くなってしまいました。

誰もが彼の死を受け入れる事ができませんでしたが、
間違いなくブラジルの歴史に残る伝説の選手でした。

ポルトゲーザは、後に檜垣コーチがプロ契約をしましたが、
自分自身、数ヶ月ジュニオールのチームにテストで通っていた頃、
隣のプロの選手達のコートでプレーするDenerを、
当時ジュニオールだった、Ze Roberto(元ブラジル代表)達と共に
憧れの眼差しで見ていた記憶は忘れる事ができません。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 Philippe Coutinho 】



育成年代からネイマールと共にセレソンで活躍し
将来を期待されていたコウチーニョ。

彼は、若くしてヨーロッパに移籍している。

ブラジルという国の特性上、若くして素晴らしい才能を評価されると、
その年代からヨーロッパのチームに移籍する事は珍しくない。

しかし若くしてヨーロッパに渡った選手が順調に成長し続ける事は簡単ではなく、
それは技術以前の部分でブラジル人の国民性が少なからず関係していると思う。

ネイマールがここまでの選手になれたのは、持って生まれた才能はもちろんだけれど、
選手としての基礎作りをサントスという国内のチームで過ごせた事が大きい。

コウチーニョも若くしてヨーロッパのビッグチームに行き、
今こうしてセレソンで活躍している事だけを考えると順風満帆のように思えるが、
育成年代ではネイマールと同様に高い評価されていた事を考えると、
セレソンのトップチームに戻ってくるまで時間が掛かり過ぎている。

どちらにしても、いま再び二人が共にプレーする事が、
セレソンの将来にとって大きな意味と価値を持つ事は確か。

コウチーニョのボール感覚は素晴らしく、
そして日本の選手達にとってもシンプルで分かりやすい。

自然に利き足を使える事の重要性を
彼のプレーから学んでほしい。


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 Roberto Rivelino 】



ペレと共にセレソンでプレーし、
ペレが去った後のセレソンを支えた選手。

圧倒的な技術を持ち、利き足は左足。

そのプレースタイルには、ブラジル代表の選手にも関わらず、
マラドーナ自身が「 憧れていた 」と語るほどの選手だった。

その存在感は圧倒的だった。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 Andres Iniesta 】



「 ボールを奪われない 」

この本質をしっかりと理解したうえで
全てのトレーニングを行わなくてはいけません。

その感覚を感じたところからが、
自分のサッカーの本当のスタートです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR