Desafio

Category: コーチング   Tags: ---

【 利き足のドリブル 】

desafio20150430.jpg

「 利き足でドリブルをする 」

本来 最も自然なプレーの感覚。

感覚、意識、身体、の事を考えてもストレスが無い。

サッカーというスポーツを
何の先入観も無い状態で自分の感覚に素直にプレーすれば
「 利き足でドリブルをする 」という事が一番理に適っている。

ただ、一度でも間違った固定観念を植え付けられてしまった場合、
それを「 自然で普通の状態に戻す 」という事は簡単ではなくなる。

そうなってしまったら

ブレない意識を持ち続け 利き足でドリブルをしていくしかない。

どんな状況でも、雑にボールに触らずに
徹底的に利き足でドリブルをする。

本来持っている感覚。

忘れてしまった自然だった感覚を取り戻すしかない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 利き足でボールに触る 】

desafio20150429.jpg

利き足でボールに触る

自分の意志をまっすぐボールに伝える為

ボールに触った瞬間の感覚を利き足で感じ取る為

" 自分 と ボール " 

自分からボールへ

ボールから自分へ

技術という感覚をまっすぐに鍛える

その間に余計な感覚は何もいらない

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 持っているもの 】

desafio20150428.jpg

「 利き手、利き足、を使う 」という行為は、
人間が先天的に持っている最も素直で自然な感覚。

素直に この感覚を伸ばす事こそが、
自分の持っている潜在能力を最大限に引き出す為に必要になる。

サッカーというスポーツで成長する為には、技術という感覚を鍛えなくてはいけない。

その感覚を最大現に鍛える為には、人間の元々持っている力に逆らわない事。

「 両足を使わなくてはいけない 」

という間違った考え方で選手を矯正しようする行為は、
選手が物心付いた時から自然と持っている一番の才能を消してしまう事になる。

自分の感覚に素直にならなくては成長なんて出来ない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 ボールと向き合う 】

desafio20150427RFT.jpg

目の前のボールを完璧にコントロールする

その為には、自分1人でボールに向き合わなくてはいけない

できない事があるのなら
できるまでやり続けるしかない

できなかった事が、やっと1回できるようになったのなら

いつでもミス無く完璧にできるようになるまで精度を高める事

そうやって自分の技術、ボールと向き合い続けて
一歩一歩 ボールを自分のものにする感覚を上げていく

やるのは自分自身

誰も助けてはくれない

でも、やり続けて得た感覚は自分だけのものになる

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 下手にならない 】

desafio20150424RFT.jpg

「上手くなる」「成長する」という事は、
裏を返せば「下手にならない」という事になる。

選手も、それまで自分に出来なかった事が出来る様になった瞬間に、
その感覚に安心して、それまで意識してきた苦労や努力を全て忘れ、
自分がサッカーを上手くなったと勘違いし、技術が落ちる選手は少なくない。

" 正しい環境 " で

" 正しい考え方 " のもと

" 正しい努力 " をしていれば必ず成長できる。

が、しかし

この意識を、
「 スクールを離れても」「自分1人でボールに触る時にも」
変わる事無く実践出来ているだろうか?

スクールに来て短時間でどれだけ成長できたとしても
その他の時間で真逆の事をしていたら絶対に成長なんて出来ない。

1日、1時間半のトレーニングの中でどれだけ必死になって成長して得た感覚も
1秒でも雑で適当にボールに触っていたら、そのトレーニングで得た感覚の全てが無駄になる。

それほど「成長し続ける事」は難しく「下手になるのは一瞬」
という事を肝に銘じておく必要がある。

もし それが分からなければ、
" ボールを自分のものにする感覚 " なんて一生掛かっても知る事は出来ない。

サッカーが上手くなりたければ

間違った環境、間違った考え方、間違った努力

下手になる全ての要素を取り除いていかなくてはいけない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 現在 】

desafio20150423TK.jpg

いま何を感じているか

いま何を考えているか

いま何を出来ているのか

過去の経験はいまの自分を作るという意味では
大切な事なのかもしれないけれど

いま この瞬間に自分に何が出来るのか?
という事が一番大切だし、全てだと思う

サッカーを続けてきて思う事

日々 自分の身体の変化を感じる中で同じ感覚なんて一度もないという事

過去に 出来たとか 出来なかったとか

昔の自分を追い掛けてばかりでは前には進めない

いまの自分を受け入れ

上手くなり続ける、成長し続ける為には、どうしたらいいのか?

いま自分に何が出来るのか? 出来ているのか?


自分自身と向き合い続けていくしかない

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 世界一の理由 】

desafio20150422pele.jpg

desafio20150422maradona.jpeg

desafio20150422ronaldinho.jpg

desafio20150422messi.jpg

「 誰もボールを奪う事ができなかった 」

ペレ、マラドーナ、ロナウジーニョ、メッシ

それぞれの時代で世界一と言われて来た選手達が
育成年代の頃に周りの人達に与えた最も強いインパクト。

この技術と感覚こそが彼等が世界のトップまで上り詰めたシンプルな理由で、
その技術と感覚は世界のトップレベルでも何の違和感も無く通用している。

「 誰も止める事はできない 」

これを聞いた瞬間に、
ほとんどの人は「 彼等はスーパーな選手だから 」で終わらせてしまう。

「 特別な存在だから誰にも真似する事が出来ない 」という強い先入観。

確かに誰に何を言われなくても
自分自身でボールを奪われない " ボールの持ち方 " を
育成年代に自然と身に付けられる感性こそが彼等が世界一の選手である理由。

でも、そんな彼等のプレーから " ボールの持ち方 " を少しでも学び
「ボールを奪われない選手を目指す」事は誰にだって可能だと思っている。

ただし、間違った固定観念に縛られない柔軟性と

「 自然な利き足の使い方 」

これを純粋に受け入れられる感性を持っていれば。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 プライベートレッスン 】

desafio20150421PR1.jpg

今回のプライベートレッスンは
「 トラップ & キック 」 を中心に行いました。

" 利き足でボールを止める "

desafio20150421PR2.jpg
desafio20150421PR3.jpg

利き足でボールを自分のものにする


" 利き足でボールを蹴る "

desafio20150421PR4.jpg
desafio20150421PR5.jpg

利き足でボールを蹴るまでのフォーム

トラップをする前、トラップをする瞬間、トラップをした後、

キックをする前、キックをする瞬間、キックをした後、

ボールを自分のものにする為 " ボールタッチとステップ " を意識する。

全てはボールを自分のものにする為に。

これほど意識が結果に大きく左右されるトレーニングもありません。

何の意識もせずに " 止めて 蹴る " を繰り返しても上手くなる事は出来ません。

そればかりか間違った意識を持ち、
やり続けていると悪い癖が付き下手になる事もあるでしょう。

ボール感覚を養う為の " トラップ&キック " が正しく出来ているのか?

全ては意識が大切です。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 MIZUNO 足型測定会 】

desafio20150420MIZUNO1.jpg

desafio20150420MIZUNO2.jpg
desafio20150420MIZUNO3.jpg

MIZUNOの足型測定会が17日(金)に行われました。

desafio20150420MIZUNO4.jpg
desafio201504MIZUNO5.jpg

MIZUNOの専門知識を持ったスタッフの方々が専門機器を使い、
選手1人1人の「足のサイズ」や「足の裏の重心の掛かり具合」などをデータ化し、
プリントアウトしたものを配布して頂けました。

desafio20150420MIZUNO9.jpg

desafio20150420MIZUNO6.jpg
desafio20150420MIZUNO7.jpg

足の裏の重心の掛かり具合が分かると、
その選手の普段の足の使い方が分かるようです。

選手の保護者の方々には専門知識を持ったMIZUNOスタッフの方から、
選手の足にあったシューズの選び方などのアドバイスもして頂いていました。

desafio20150420MIZUNO10MORELIA.jpg
desafio20150420MIZUNO11MORELIA.jpg
desafio20150420MIZUNO12MORELIA.jpg
desafio20150420MIZUNO13MORELIA.jpg

そして、MIZUNOと言えば「MORELIA」という
世界中のプロの選手達にも愛用されているスパイクが有名です。

その「MORELIA」も、今年で30周年という事で、
軽量化などを含めリニューアルされているとの事でした。

小学校低学年のスクール生達には若干大きなサイズでしたが、
全ての「MORELIA」の試し履き用のスパイクを持って来て頂きました。

desafio20150420MIZUNO8.jpg

自分自身、新しい「MORELIAⅡ」を試し履きさせて頂いたり、
スタッフの方と色々な話をさせて頂き非常に参考になりました。

今後のMIZUNOのシューズに期待したいと思います。

サッカー選手にとってシューズは自分の感覚をボールに伝える最も大切な道具です。

また機会があれば是非参加してほしいと思います。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 諦めない事 】

desafio20150417.jpg

「自分が成長する事」 と 「自分が成長出来ない事」

「自分が成長出来る道」 と 「自分が成長出来ない道」

「自分が成長する為にやるべき事 」と

「自分が成長する為にやるべきではない事」

自分の進むべき道をはっきりと分かっている選手

自分の進むべき道を漠然と感じている選手

自分の進むべき道を全く分かっていない選手

人間様々なしがらみの中で色々な事を抱えて生きている。

常に何かを選択のして自分の進む道を決めていかなくてはいけない中で、
周りの環境に流され間違った事を選択してしまうことだってある。

そんな時に「もう決めた事だから」「仕方がない」と諦める必要はない。

間違いに気付いた時に、
進むべき道を周りに流されずに"選択出来る覚悟"さえあれば良い。

もちろん、迷う事なくまっすぐに成長する事が良いに決まっている。

選手として限られた時間の中で最大限に自分の能力を引き出せるんだから。

でも、もしそうならなかったとしても、上手くいかなかったとしても、
決して投げ出さず、諦めず、柔軟に、成長する道へ進めれば良い。

自分の成長を絶対に諦めないでほしい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: イベント   Tags: ---

【 MIZUNO 足型 測定会 】

desafio20150416mizuno.jpg

MIZUNO の 足型測定会を実施致します。

専門的な知識を持ったMIZUNOの方にスクールまで来て頂き、
計測器によって様々な角度から足や身体の状態をアドバイスしてもらえます。

単純に自分の足の正確なサイズを測るというだけでなく、
成長期などにみられる成長痛などを含めた慢性的な足の痛みさえも
適正なシューズを選ぶ事で改善される事は少なくありません。

シューズの試し履きなども出来るようなので
自分が普段履いているシューズと履き比べてみて下さい。

自分の足の感覚を少しでも考える切っ掛けになってもらえればと思います。

所沢スクール生 限定で無料で実施して頂けますので、お気軽に参加下さい。


■ 場所:明光サッカースクール所沢校

■ 日時:4月17日(金)15:30~19:00

■ 雨天中止の場合:4月21日(火)16:30~19:00

※ 当日は込み合う事が予想されるので時間に余裕を持ってお越し下さい。
  レッスンは通常通り行いますので 宜しくお願い致します。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 ボールを取られない事 】

desafio20150415Maradona.jpg

「 絶対にボールを取られない技術 」

これが、「誰」と「いつ」「どこでも」可能になれば、
世界中のどこでサッカーをしても間違いなく通用したプレーが出来る。

徹底的に利き足を意識する事で
ボールを自分のものにする感覚を高める意味はそこにある。

世界のトップでプレーしている選手達は、
この感覚を育成年代の時期に完璧に身に付けている。

マラドーナ や メッシ が、育成年代の頃も

「身体からボールが離れなかった」

「絶対にボールを取る事が出来なかった」

「誰も彼等を止める事が出来なかった」

その時代に彼等とプレーをしていた選手達は皆口を揃えて言う。

そして、その感覚は世界のトップレベルのプロ選手達を相手にしても
何も変わる事がなかった。

desafio20150415Messi.jpg


「誰」と「いつ」「どこでも」それを可能にしている技術があるからだ。

彼等は、この感覚を自分で身に付ける事が出来たけど、
意識やトレーニング次第で彼等に近づく事は不可能ではないと思っている。

本気でサッカーを上手くなりたいと思うのであれば
ボールを取られない技術と感覚を身に付けなくてはいけない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 イメージ 】

desafio20150414Neymar.jpg

自分に出来ない事に想像力を働かせる。

世界のトップ選手達のプレーから
彼等の様にプレーする事をイメージをするのは最高のモチベーションになる。

「 こんな感覚でサッカーが出来たらどれだけ楽しいだろう 」

彼等の様にプレーするにはどうしたら良いのか?

その為に、「見て」「感じて」「考える」。

そして、彼等に近づく為に必死になってトレーニングする。

一見あたりまえの事に感じるかもしれない。

しかし、日本の育成年代の選手達で
自分の意志で自然と世界のサッカーに興味を持ち、
それを見ている選手は驚くほど少ない。

何故だろう?

「日本人がサッカーは世界で通用しない」

「だから自分にも出来ない」

先入観? 国民性? 教育?

それともサッカー自体にそれほど興味が無いから?

もし、バルセロナFC で " メッシ " や " ネイマール " 達と
同じレベルで活躍する日本人が居たら、そこに興味を持つ選手達も多いだろうか?

狭い日本の育成環境で 間違った指導者達から
間違ったサッカー感を正しいと勘違いさせられ

「上手くなれない」「成長できない」と苦しんでいる選手は多い。

" 利き足の意味 "

" 技術の重要性 "

" 正しいボールの持ち方 "

「日本のサッカーを基準に考えたら」理解されない事もあるだろう。

しかし世界のサッカーに興味を持ち
世界のサッカーから謙虚に学べる感性があれば理解するのは難しくない。

「 日本人だから 」

という、出来なかった人達が作り出すネガティブな固定観念は、
成長したいと思っている選手にとってはマイナスでしかない。

サッカーはワールドスポーツ。

サッカーに国や人種は関係無い。

世界のサッカーを見て

世界のサッカーをイメージしてほしい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 無意識 】

desafio20150413Ronaldinhoneymar.jpg

" 無意識の瞬間 "

「 どのようにボールに触っているか? 」

選手の意識は、全てそこに現れる。

例えば、スクールでは 利き足でボールを自分のものにしようと
一生懸命プレーしていても普段のトレーニングの中では、
何も考えずに雑で適当に両足を使っていたら全く意味が無い。

こういう選手は、無意識の瞬間に必ず適当にボールに触っている。

" 意識しなくては出来ない事 " を " 無意識でも出来るようになる " 為には
「 徹底的に意識する 」事を続けていくしかない。

世界のトップ選手達が

「 自然と利き足を使える 」のは、

「 無意識に利き足を使える 」という感覚があるから。

ボールを自分のものにする感覚を知りたければ

利き足を自然に使える選手にならなくてはいけない。

無意識と自然な感覚は繋がっている。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 自分と向き合う 】

20150410BAGGIO.jpg

サッカーが上手くなる為に、
いつも越えなくてはいけないのは自分自身。

周りの人間や環境に流されて、
自分自身を見失う事で成長は出来なくなる。

「上手くなる」のは難しいけど

「下手になる」のは一瞬

「上手くなり続ける」という事が難しい一番の理由は自分の中にある。

自分と向き合い
自分を越えるチャレンジを続けられるか?

成長出来る環境とは、
自分が自分を変える切っ掛けでしかない。

選手として上手くなる為に何が必要なのか?

目の前にある " ボール " を

自分の感覚が一番まっすぐに伝わる " 利き足 " で

" 完璧にコントロール " 出来る様になる事。

世界中どこに居ても、
サッカーというスポーツの根幹は変わらない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 必要なトレーニング 2 】

20150409DR1.jpg

「 ドリブル 」

" 利き足 " を意識してドリブルをするトレーニングは、
ボールを持てる選手になる為に絶対に必要です。

リフティングと同様にアバウトで雑に両足で触るだけの
ドリブルのトレーニングではボールを持てるようになりません。

「ボールを持つ」

という事の意味は非常に深く

「 早くプレーできるから 」

「 便利だから 」

「 状況によっては両足を使わなくてはいけないから 」

という表面的で薄っぺらい根拠も何もない考え方で
" 両足 " を使うトレーニングを続ける意味は全く無いでしょう。

自分はブラジルで育成年代からサッカーをしてきたので、
今の日本の育成環境の理不尽さが良く分かります。

20150409DRPRA.jpg

もし、自分も日本の育成環境の中に居たら気付けない事も多かったでしょう。

世界のトップレベルの選手達のボールの持ち方を見て
その根本的な部分がどこにあるのかを見逃さない事が大切です。

20150409Messi.jpg

彼等のボールを持つ感覚はの全ては

" 自然な利き足 " からスタートしているのです。

" 不自然な両足 " からでは何もスタートしません。


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 どこで触っている? 】

20150408Messi.jpg

プレーを する時

自分がボールに触る時

足の「どの部分」で触っているのか?

常に具体的かつ明確に分かっている選手は少ない。

それは、分かっていないのではなくて

「 意識をしていない 」

「 意識をした事が無い 」

というだけの話。

" 利き足でボールに触る "

という事は、

「 全てを意識する 」

「 全てを意識出来るようになる 」

という意味が本質にある。

どんな状況でも自分の足のどの部分でボールに触ってるのかを
感じられるだけの感覚を身に付けなければ絶対にサッカーは上手くなれない。

" アバウトで雑な両足 "

これが「自分の全ての感覚を鈍らせている」という事に気付けなければ、
一生掛かってもその感覚は得られない。

自然にその感覚を得られない日本という環境なのであれば、
自分で意識的にその感覚を身に付ける努力が必要だ。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 必要なトレーニング 】

desafio20150407cbola.jpg

「リフティング」

最もシンプルにボール感覚を身に付けられるトレーニンングです。

トレーニングした分だけ素直に回数に現れやすく
上手くなっている事が実感出来るのでモチベーションも上がります。

そして、その技術をサッカーのプレーに活かしたければ

" 利き足 " でリフティングを行う事です。

そこから試合に活きる「ボールタッチ」と「ステップ」を身に付ける事が出来ます。

逆に " 両足でバランス良く " というリフティングは、
やればやるほど、サッカーのプレーのバランスは崩れていきます。

ボールを自分のものにする感覚を上げる為にリフティグをするのであれば、
利き足でリフティングをして下さい。

" ボールと自分 "

自分自身が持っている技術と正面から向き合う事が出来るトレーニングです。

「リフティングなんて出来なくてもサッカーは出来る」

という理由で諦める選手が居ますね。

良いですよ。

それでも。

もし、ブラジルやスペインなどのサッカー強豪国に生まれ育ち
天才的で類い稀なサッカーセンスを持っているのであれば。

でも、そんな選手にとっては「リフティング」なんて軽く出来てしまいますけどね。

「リフティングなんて、やらなくて良い」

と言っているのは、日本の出来ない指導者の言い訳でしかありませんから。

サッカーというスポーツがまだ根付いていない日本という環境に生まれ、
その環境の中で本当に上手くなりたければ絶対に必要なトレーニングです。

" 利き足でリフティング "

ボール感覚を身に付ける為に徹底的にやりましょう。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 上手くなる為に 】

desafio20150406cbola.jpg

目の前のボールを完璧にコントロールする。

サッカーを上手くなる為に最も大切な事

一番シンプルだけど

一番難しい事

頭の中の妄想だけで勝手にサッカーを複雑にして
最も大切なものから掛け離れた事に
どれだけ時間を費やしてもサッカーは上手くなれるわけがない。

どれだけトレーニングしても

「上手くなれない」

「成長できない」

と、悩んでいる選手の殆どが その事を忘れている。

目の前にあるボールを全く見ずに、
その先にある「何か」を漠然と探している。

desafio20150406cbola2.jpg

サッカーが上手くなりたければ

徹底的に目の前のボールと向き合うしかない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 2015 春期 技術強化 合宿 】

desafio20150403spc1.jpg

「ドリブル&リフティング」

「選抜クラス セレクション」

'' 自分の中の自分を超えて上手くなる感覚を得る事 ''

'' 自分の能力と意志で更なる成長環境を掴み取る事 ''

今回の合宿のテーマが持つ意味です。

■1日目は「ドリブル」

利き足で徹底的にボールに触り、
ボールタッチとステップの感覚を身体で覚えてもらいました。

desafio20150403spc2.jpg

desafio20150403spc3.jpg

desafio20150403spc4.jpg

desafio20150403spc5.jpg


想像以上に過酷でハードなトレーニングです。

desafio20150403spc6.jpg

desafio20150403spc7.jpg

desafio20150403spc8.jpg

サーキット系のトレーニングは心拍数も上がりやすいく、
ただのフィジカルトレーニングになってしまわないように注意が必要です。

疲れたからといってアバウトにボールをコントロールしてしまうと、
それが悪い癖となってしまうので
常に正確なボールコントロールを意識する為の集中力が必要とされます。

合宿の中では選手達のボールタッチとステップを常にコーチ達でチェックをしながら
行いましたので、実際に この短い時間の中でも選手達のボールタッチとステップは向上し、
ボールの持ち方は格段に良くなりました。

■2日目は「リフティング」

ボールを自分のものにする感覚を身に付ける為のトレーニングです。

desafio20150403spc9.jpg

desafio20150403spc10.jpg

desafio20150403spc11.jpg

desafio20150403spc12.jpg

'' ボールと自分 ''

desafio20150403spc13.jpg

自分の技術から目を背けずに正面から向き合い、
今までの自分を超えるまで徹底的に諦めずにチャレンジを続ける時間です。

desafio20150403spc14.jpg

desafio20150403spc15.jpg

desafio20150403spc16.jpg

全ての選手達の記録をチェックしてありますが、
ほぼ全ての選手が自分の記録を更新し、今までの自分を超える事が出来ました。

desafio20150403spc17.jpg

desafio20150403spc18.jpg

自分の記録を越える事が出来なかった選手も必死になってチャレンジを続けていたので、
その感覚は必ず今までの自分を越える為に大きなプラスになります。

desafio20150403spc19.jpg

desafio20150403spc20.jpg

desafio20150403spc21.jpg

desafio20150403spc22.jpg

desafio20150403spc23.jpg

目の前のボールを完璧にコントロール出来る様になるまで、
諦めずに徹底的にボールに触り続ける感覚を知る為トレーニングでした。

■「選抜セレクション」

desafio20150403spc24.jpg

" 基礎技術のレベル " と " 試合の中でのプレー "

セレクションに参加した選手達のプレーを檜垣コーチに直接チェックしてもらいました。

desafio20150403spc25.jpg

desafio20150403spc26.jpg

desafio20150403spc27.jpg

desafio20150403spc28.jpg

desafio20150403spc29.jpg

desafio20150403spc30.jpg

desafio20150403spc31.jpg

desafio20150403spc32.jpg

desafio20150403spc33.jpg

desafio20150403spc34.jpg

desafio20150403spc35.jpg

先日のレッスンで選抜クラスの体験を行いましたが、
今回の合宿に参加した事で自らの力で選抜に入る事が出来た選手も居ます。

「自分には無理だから」

と、最初から諦めていては絶対に上手くなる事は出来ません。

「サッカーが上手くなりたい」と本当に思うのであれば、
人任せにするのではなく自分の強い意志が必要だという事です。

「プロのサッカー選手になりたい」

「世界のトップを目指したい」

と思うのであれば尚更です。

「メッシ や ネイマール みたいに上手くなりたい」

世界の頂点を目指し世界中の様々な環境で、
育成年代の選手達が命懸けでサッカーをしています。

" メッシやネイマールのようになる " という事は、
" 世界中の誰よりもサッカーが上手くなる " という事です。

そこを目指す為には、まず自分自身に勝てる強さを身に付ける事です。

今回の合宿でも1人1人の成長と可能性を感じる事が出来ました。

自分自身も選手達以上に学び成長を続けていかなくてはいけません。

これからも選手達の更なる成長を可能にする環境を作っていきます。


今後とも宜しくお願い致します。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: スクール   Tags: ---

【 2015 新年度 クラス編成 】

20150402sgs.jpg

本日から2015年 新年度クラス編制を行います。

育成クラス、選抜クラスの体験日の日程は以下の通りです。

【育成クラス】

4月2日(木)全クラス
4月3日(金) 〃
4月6日(月) 〃
4月7日(火) 〃
4月8日(水) 〃

U-9 → U-11(新4年生)
U-11→U-13(新6年生)
U-13→U-15(新中学2年生)

上記のように学年が上がりクラスが変わる選手で、
まだ体験を受けていない選手は必ず「クラスアップ体験」を受けて下さい。

その他「クラスアップ体験」を受けてもらう選手に関しましては、
随時、コーチ・スタッフから声掛けをさせて頂きます。

また、新中学生に付きましての進路などの相談も受け付けています。
生活リズムが変わる事で悩む部分もあると思います。
今後の方向性、通える日程、時間帯も含め、コーチ・スタッフへ 声を掛けて下さい。
中学校 年代の貴重な3年間をどういった形で成長していくのかを具体的に考えていきましょう。

【選抜クラス】

4月2日(木)選抜12 & 選抜15

4月7日(火)選抜12 & 選抜15

春期合宿では自分の意志でのチャレンジが可能でしたが、
この2日間に体験をしてもらうのはコーチ推薦選手限定となります。

選抜クラスに付きましては人数制限がありますので、
基本的に技術的に一定の水準に達している選手からの選考とさせて頂きます。

※ 合宿で選抜クラス セレクション へ 参加した選手に付きましては、
  檜垣コーチから今後の方向性に付いての説明がありました。
 
御不明な点が有りましたら、コーチ・スタッフまで お気軽に声を掛けて下さい。

単純に「クラスが上がれば成長できる」という訳ではないので、
1人1人の能力をしっかりと見極め、選手達の更なる成長の為にベストの環境を考えていきます。

宜しくお願い致します。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 合宿2日目 】

20150401201822f33.jpg

合宿2日目が無事に終わりました。

合宿の内容などの詳細は、後日ブログで書きたいと思います。

今回の2日間の合宿も、一人一人の成長をしっかり感じる事が出来ました。

そして選手の更なる成長を可能にする環境を作るうえでも、またひとつ新しい発見をする事が出来ました。

2015040120182154f.jpg

今回の合宿は、心、技、体、と全てにおいて、なかなかハードな合宿だったので今日はゆっくり身体を休めて下さい。

選手達、本当にお疲れ様でした。

また保護者の皆様、選手の合宿参加にご協力頂き心から感謝致します。

これからも選手達の成長を責任持ってサポートしていきますので、よろしくお願い致します。



テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR