Desafio

Category: コーチング   Tags: ---

【 StepUp クラス スタート 】

desafio20150831StepUp.jpg

2015 夏

「 リフティング チャレンジ 」

「 リフティング大会 」

「 スペシャルキャンプ 」

今まで以上に選手達の技術向上に繋がる試みを行いました。

それにより選手一人ひとりの技術は、
いままでとは比較にならない程の伸び方を見せています。

この段階で選手達の成長が、
ここまではっきりとした結果や形になる事はありませんでした。

ただ、最も重要なのはこれからの季節です。

選手達が厳しく暑い夏にチャレンジを続けて積み重ねた事が
更に飛躍的な形へと変わるのが「秋から冬に掛けての季節」だからです。

厳しいチャレンジを続けて来た選手達は、ここで絶対に諦めないで下さい。

気持ち途切らす事なくチャレンジを続ければ、
自分でもはっきりと分かるくらい成長を実感する事が出来るようになります。

そして明日からは、いよいよ「 StepUp クラス 」がスタートします。

一人ひとりの更なる成長の為

世界基準で選手達が成長できる環境を作る為

自分自身ベストを尽くしチャレンジをしていきます。

宜しくお願い致します。

「 StepUpクラス 」

火曜日/木曜日  17:00~18:30   

参加する選手は時間に間違いがないように注意して下さい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: リフティング チャレンジ 2015   Tags: ---

【 リフティング チャレンジ in Summer 2015 】

desafio20150828RFC.jpg

8月分のリフティングカレンダーを

「9月1日(火)」から回収開始します。

自分が一生懸命トレーニングをして残した大切な成長プロセスです。

忘れずに必ず持って来て下さい。

まだ7月分も提出していない選手も居ますが、
これって自分の成長プロセスを大事にしていないという事になりませんか?

7月分もまだ提出していない選手は8月分と一緒に必ず提出して下さい。

また、自分自身でチャレンジをして感じた事や
コーチに質問があれば裏にある記入欄に書いて提出して下さい。

必ず全ての選手達へ返信しています。

そして今回は、この2ヶ月間の努力を無駄にしない為にも、
更に成長する為のアドバイスを1人1人と直接話をする機会を作ります。

「上手くなり続ける」

というのは、一番難しい事です。

それでも、この2ヶ月間でチャレンジをした中で得たヒントを元に
これからの方向性や目標を一緒に明確に出来たらと思っています。

この面談に付きましての詳細は、またブログや書面でお知らせします。

ボールを自分のものにする感覚へ 

一歩一歩 確実に近づいていきましょう。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: リフティング チャレンジ 2015   Tags: ---

【 成長プロセスを感じる 】

desafio20150827RFC.jpg

7月からスタートした「リフティング チャレンジ」も残りわずかとなりました。

現在7月分のリフティングカレンダーを一度預かって、
1人1人のトレーニングの記録、選手達の感想やコーチへの質問を見ています。

自分もひとりひとりに対してアドバイスを書いているのですが、
やはり個々でトレーニングに対する意識や感じ方が違います。

基本的には周りに左右されずに、
自分のペースで継続的に行い続ける事が大事だと思います。

多くの選手達に共通する部分も発見できました。

それは、自分が成長する為に

「どんなプロセスを経験しなくてはいけないのか?」

「どんな意識を持ってトレーニングをしなくてはいけないのか?」

という事を選手達が感じているという事です。

記録や回数といった結果としては、
「やる前」と「やった後」では圧倒的に大きな違いがあります。

しかし、その結果以上に

成長する為に自分がチャレンジを続ける事の重要性を感じてもらえた事。

これ以上の成果はありません。

まだまだ上手くなりたい?

じゃあ、これからも続けていきましょう。

リフティングカレンダーなんて、自分で簡単に作れるんですから。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 継続できなければ 】

desafio20150826.jpg

" 正しい場所 " で

" 正しい考え方 " のもと

" 正しい努力 " をする。

成長していく為に最も大切な基礎です。

ただ、一番難しいのは 
それらを " 継続して行えるか? " という部分です。

具体的に言うと、いまスクールでは

" プライベートレッスン " や " 夏の特訓 " 

また  " 技術強化合宿 " など

選手達を、短期的に集中して指導する機会も増えています。

当然、そこで " 正しい指導 " ができれば、
1日でも選手は必ず成長します。

しかし、それはあくまでも
プロの指導者が意識するべきポイントを事細かに指示をして
選手が成長できるように正しく導いているに過ぎません。

その瞬間は、一時的に「出来ない事が 出来るようになった」としても、
その感覚が、まだ「自分のものになっていない」選手は、時間の経過とともに、
またその感覚を忘れて元の自分の状態に戻ってしまうのが普通です。

正しい感覚を自分のものにするまでには、
どんなに素晴らしい能力を持った選手でも時間が掛かるものです。

「スクールに通っていない選手」より「スクールに通っている選手」

「スクールに通える日数が少ない選手」より「スクールに通える日数が多い選手」

これにより成長スピードに違いが現れるのは、必然的な事だと言えます。

プロの指導者が常に近くに居て選手達が正しい感覚を自分のものにするまで、
時間を掛けて継続的にトレーニングを続けていくのですから当然ですね。

ほとんどの選手達は、
自分の成長に行き詰まりサッカーを止めます。

特に日本のような環境では、

自分の本当の才能を知らないまま
サッカーを止める選手は少なくないでしょう。

「成長し続ける」という事

その為に「正しい感覚を自分のものにする」というのは、

本当に難しい事なのです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: イベント   Tags: ---

【 リフティング & フッチボレー大会 】

desafio20150825RFFB1.jpg

「リフティング大会 部門」

desafio20150825RFFB2.jpg
desafio20150825RFFB3.jpg
desafio20150825RFFB4.jpg
desafio20150825RFFB5.jpg
desafio20150825RFFB6.jpg
desafio20150825RFFB7.jpg

「フッチボレー大会 部門」

desafio20150825RFFB8.jpg
desafio20150825RFFB9.jpg
desafio20150825RFFB10.jpg
desafio20150825RFFB11.jpg
desafio20150825RFFB12.jpg
desafio20150825RFFB13.jpg
desafio20150825RFFB14.jpg
desafio20150825RFFB15.jpg
desafio20150825RFFB16.jpg
desafio20150825RFFB17.jpg

ボールをコントロール出来るからこそ楽しめるという感覚

7、8月と頑張ってリフティングチャレンジを行っている選手達に、
少しでも、その意味を「違った角度からも感じてほしい」という思いでした。

サッカーというスポーツにおいて

本来「ボールに触る」という感覚は最も楽しい事です。

でも、その「楽しさ」を感じる為には苦しい努力が必要でしょう。

正直自分が上手くなる為に努力をしていくプロセスは苦しい事です。

それは絶対に避けられない事だったとしても、
その先に「楽しさ」という希望があるから、
その努力を続けられます。

「できない」中で楽しさを見出すのではなく、
「できる」ようになって本当の楽しさを感じてほしいと思います。

今回のイベントも「楽しさ」の意味を勘違いする事なく
参加してくれた選手達 みんな真剣に楽しんでくれました。

desafio20150825RFFB18.jpg


この日の選手達を見て、
自分の中でまた新しい発見がありました。

このヒントを選手達の更なる成長へ繋げていきます。

" 入賞 "と" 優勝 " をした選手達には、
これから「商品」や「表彰状」があるので、来週以降に声を掛けていきますね。

日々努力している選手達が楽しさを感じる事ができるイベントは、
今後もまた開催していきたいと思います。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: イベント   Tags: ---

【 大分県 サッカー教室を終えて 】

desafio20150823OITA1.jpg

大分県で行われたサッカー教室が無事に終わりました。

desafio20150823OITA2.jpg
desafio20150823OITA3.jpg
desafio20150823OITA4.jpg
desafio20150823OITA5.jpg
desafio20150823OITA6.jpg

今回のサッカークリニックには、大分県にとどまらず、愛媛、佐賀、熊本、長崎など更に遠方から時間を掛けて選手や保護者の皆様、及び指導者の皆様に参加して頂きました。

desafio20150823OITA7.jpg
desafio20150823OITA8.jpg
desafio20150823OITA9.jpg
desafio20150823OITA10.jpg
desafio20150823OITA11.jpg
desafio20150823OITA12.jpg

遠く離れた地に、自分達が信念を持ち、やり続けて来た事に共感して頂ける方達がこんなたくさん居るとは想像もしていませんでしたが、この2日間でそういった方々にお会い出来て、直接お話をさせて頂いた事で非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。

desafio20150823OITA13.jpg

これもひとえにサッカー教室の開催に御尽力頂きました、首藤さん、玉井さん、中島さん、佐藤さん、渋谷さん、足立さん、他スタッフの皆様のお陰です。

また参加して頂きました選手達並びに保護者の皆様、そして指導者の皆様、心から感謝致します。

desafio20150823OITA14.jpg

本当にありがとうございました。

また御会いできる日を楽しみにしています。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: イベント   Tags: ---

【 大分県 サッカー教室 】

desafio20150821Osc1.jpg
desafio20150821Osc2.jpg

大分県にて、檜垣コーチとサッカー教室を行います。

■ 日程

8月22日 15時~18時

8月23日 9時~13時

■ 場所

大分市立明野東小グラウンド

■ 対象年齢

小学3年生 ~ 中学生


詳しくは、主催して頂くことになりました、
責任者の首藤さん宛てのメールにてお問い合わせください。

kazuya11@m2.gyao.ne.jp

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 スペシャルキャンプを終えて 】

desafio20150820SPC0.jpg

スペシャルキャンプを行って

desafio20150820SPC1.jpg

スクールに来ている選手達の技術レベルは年々進化していきます。

desafio20150820SPCsk.jpg

テニスボールでのリフティングも1つの例ですが、
一年前には考えられなかった事を今の選手達は平然とクリアします。

desafio20150820SPC2.jpg

今回のスペシャルキャンプに参加したスクール生の選手達で言えば、
所沢校、草加校、の中学3年生達はスクールの中では技術的に一番上のレベルです。

desafio20150820SPC3.jpg

はっきり言って現段階でも彼等の技術は、
卒業後どこに行っても問題ないレベルかもしれません。

しかし、更なるレベルアップの為の課題が今回の2日間で明確になりました。

技術とは感覚

「 感覚を鍛える事に限界はない 」

世界と戦うトップアスリートの言葉にもあります。

自分の中で勝手に限界を決めて、そこに落ち着くのは簡単な事でが、
成長し続けていく為の向上心を絶やさない意識を持てるかどうか。

その意識次第で自分の将来は決まります。

今回の合宿でそれぞれの選手達がやるべき事はシンプルで分かりやすい事。

君達が一度向き合って越えた感覚と、
もう一度向き合い必死になってチャレンジして下さい。

そこには必ず更なる成長に繋がるヒントがあります。

そして選手達が成長を続ける為には、
指導をする側の人間の成長は勿論の事、
その全てを取り巻く環境も進化していかなくてはいけません。

これから「 スペシャルキャンプ 」も更に進化させます。

世界基準の選手が育つ環境を作る為に。








テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 スペシャルキャンプ2日目 】

201508191633320e4.jpg


2日間の合宿が無事に終わりました。

自分が上手くなる為に間違いなく必死になってやってきた選手達。

それでも、どこかで無意識のうちに「出来ている」と勘違いをして、
自身の成長を遅らせていた選手達に、もう一度上手くなる為に大切な事を感じてもらう合宿になったはずです。

その重要性に気付く事が出来た選手には、
必ず今まで以上に大きな成長が待っています。

また明日からチャレンジを続けていきましょう。

そして選手達の合宿参加に御協力頂きました保護者の皆様、
誠にありがとうございました。

日頃から彼等の成長を見守って頂き心より感謝致します。

これからもプロとして、
一人一人が最大限に成長出来るよう、
しっかりサポートしていきたいと思います。

よろしくお願い致します。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 帰路 】

20150819152556699.jpg

スペシャルキャンプ2日目
トレーニングも無事に終わりました。

いま帰りのバスです。

楽しみながらコミニュケーションを取っているようです。
選手達にとっては自分の成長には欠かせない貴重な時間です。

充分安全に気を付けて帰ります。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 スペシャルキャンプ1日目 】

20150818173943277.jpg


1日目が終わりました。

技術の大切さ。

この意味を選手達が、
どこまで深く感じられるのか?

そして、いま自分がするべき事を明確にする。

それが分からなければ、
どんな努力も無意味になってしまう。

どんな選手であっても、
自分の技術と向き合い続けなくてはいけない。





テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 到着 】

20150818113917775.jpg

バスも順調に進み時間に余裕を持ってキャンプ地に無事に到着しました。

これから昼食を取って1日目の練習開始です。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 スペシャルキャンプ スタート 】

201508180926299b8.jpg

スペシャルキャンプスタートです。

これからバスでキャンプ地に向かいます。

一人一人の成長の為しっかりと頑張って来ます!

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 スペシャルキャンプ in 那須塩原 】

desafio20150817SP1.jpg

いよいよ明日から2日間「 夏期スペシャルキャンプ 」がスタートします。

選手達の技術レベルを限定した合宿は初の試みです。

日々進化するスクールの選手達の技術レベル。

そんな選手達に更に質の高い技術の感覚をつかんでもらうという目的です。

desafio20150817SP2.jpg

必ず1人1人の更なる成長の為に充実した2日間にします。

夏も終盤に近付き、毎日の暑さから気付かないうちに疲れが溜まっています。

水分、栄養、睡眠、をしっかりと取って下さい。

万全のコンディションでしか得られない感覚もあります。

既に合宿は始まっているのです。

参加する選手達は、
自分の身体のコンディションをしっかり整えましょう。


※ スペシャル合宿日のスクールに付きまして

所沢校の育成クラスに関しましては、
通常通り「 鈴木 翼 コーチ 」「 久保 巧 コーチ 」が行います。

選抜クラスは、「檜垣コーチ」が不在の為、振替対応とさせて頂きます。

ご不明な点が御座いましたら、コーチ、フロント・スタッフまで御相談下さい。

宜しくお願い致します。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 やりきる 】

desafio20150814.jpg

よく子供に「 色々な事を経験させた方が良い 」

という事を言う大人が居る。

「 ひとつの事が駄目でも違う事をすれば良いから 」と。

でも、本当にそれは正しい事なのだろうか?

本当にそれを言っている大人達は、
ひとつの事を人生を掛けて貫き通し結果を残した人間なのかを。

人間、自分の目の前に理想や想像と違う事や苦しい道があれば、
そこを好き好んで突き進もうと思はないのは普通の考えだと思う。

本能的に「生き残らなくてはいけない」というものを感じ取っていれば、
「自分の力に及ばなそうだ」と思えば、
「より簡単に生き残れる道を探そう」と思う発想自体は否定出来ないからだ。

「日々を生きていければいい」という事だけであれば、そういう考え方もある。

そういう考え方からは、

「ひとつの事を人生を掛けてやりきる」なんていう発想は生まれない。

むしろ「やりきれない」人間の方が多くても、なんら不思議ではない。

でも、最初は誰もが感じていたはず。

「自分はこういう人間になりたい」

「自分の存在価値を表現したい」

「何かを成し遂げたい」

という夢や希望。

もし、そう思えるのであれば「やりきる」為の努力は絶対に必要だ。

そして、その為の努力は自分自身の可能性を広げるだけではなく、
人間としても大きな成長を得られる。

極論「自分はどう生きていきたいのか?」

親として「子供にどう生きてほしいのか?」

なんていう難しい話になってしまいそうだけど、

「やりきれる」人間と「やりきれない」人間では

行き着く先は確実に違う。

「やりきる」という才能。

持って生まれたどんな才能より強く自分自身を成長させてくれるもの。

「成長していく事」と「自分の生き方」

これは常に繋がっている。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 未分類   Tags: ---

【 なぜ違和感を感じるのか? 】

desafio20150813PR.jpg

自分は子供の頃から、
日本のサッカーに対する違和感を漠然と感じていた。

環境事態そのものにも感じたが

やはり一番強く感じたのは

" 自分では何もやらないくせに偉そうにしている大人達 "

「サッカーが上手くなりたければ " チーム " に行くのが普通」

という風潮は、いまとなんら変わらなかったけど

「そのチームを作る大人に問題がある」と小学生の頃に強く感じた。

小学3年生の頃には、

「絶対にプロのサッカー選手になる」と

はっきりと決めていたけど、

チームに行ったら「自分のサッカーを壊されて駄目になる」

と感じたので自分1人でトレーニングする事に決めた。

常にボールに触る事を心掛けたり

自分が友達を集めてひたすらゲームを繰り返した。

小学生の頃は同じグランドに中学生や高校生が居ると
「試合しようぜ」とよく言いに行ったものだった。

自分にとってサッカーはやらされるものではなく

自分で道を切り開かなくてはいけないものだと感じていたから。

もし自分が子供の頃にこの違和感を感じられなかったら?

絶対にプロのサッカー選手にはなれなかった。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 大人げない? 】

desafio20150723pelada.jpg

こと育成年代の指導者と選手という関係性において
この言葉は当てはまらないと思っている。

この年代の指導者「大人」と選手「子供」というのは、
指導者が圧倒的に全てにおいて選手に勝っていなくてはいけない。

具体的にすると

「見せる」というプレーに関しても、

指導者が選手に負けるような事があっては絶対に駄目。

技術で選手に負けている時点で、
既に、その選手に対して何も伝える事なんて出来ないのだから。

一緒にプレーをするのなら最低限、
全力でプレーするなんてあたりまえでしょ?

それを見て、「大人気ない」「手を抜け」と思う人間が居ても関係ない。

「指導者」という立場の人間と見られている時点で、
選手に対して誠心誠意、自分の持っている全てを伝えるのはマナーであり義務。

ろくな技術も無いのに手を抜いたプレーをして、
選手に負けて、挙げ句の果てに「ナイスプレー」。

そんな中途半端な指導者にサッカーを教わったらどうなるか?

100%、中途半端な選手にしかならない。

ブラジルで大人と子供がサッカーをしていて

「大人気ない」とか「手加減しろ」

なんていう発想事態を聞いた事がない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 テニスボール 】

201508101354138ee.jpg

「テニスボール リフティング」

サッカーボールでも難しいのに、それより圧倒的に小さな「テニスボールでリフティングをする」という事がどれほど大変な事なのか。

それを想像する事は簡単なようで、自分がやっていない人間には本当の難しさは理解出来ないだろう。

例えば、チョンチョンリフティング数回程度であれば、ボール感覚が優れていれば見様見真似で誰でも出来る。

しかし、「サッカーボールでやるリフティングの全ての事をテニスボールで同じようにやる」となれば話は全く変わってくる。

サッカーボールより遥かに軽いテニスボールでリフティングをする為には「ボールタッチ」や「身体の使い方」「ステップ」を何倍も繊細に行わなくてはいけなくなる。

いまスクールで現在進行形の「リフティング チャレンジ」

20150810135414e23.jpg


これによってボール感覚を意識するレベルが上がっている選手達、日々自分自身の技術と向き合いトレーニングを積み重ねている選手達は、今まででは考えられなかったスピードで、その感覚をクリアしている。

その感覚は単純にリフティングだけのものではなく、サッカー選手としての全ての技術の成長スピードにも大きな変化をもたらしている。

年齢による身体的な大きなハンデをも超越してしまう程の技術の質。

この2ヶ月間の中で、それを真剣に極めようとしている選手達は、それまでの成長スピードの固定観念を壊し始めている。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 どうなりたいのか? 】

desafio20150810pele.jpg

自分は「プロになりたい」という以前に
「ブラジル人のようなプロサッカー選手になりたい」

その想いからブラジルに渡った。

プロのサッカー選手になれるのなら、どの国でも良かった訳ではない。

ある意味誰も何も教えてくれない環境の中で、
自分の感覚だけを頼りにブラジルに行く決断をした。

ブラジル人のようにサッカーが上手くなりたかったから。

desafio20150810garrincha.jpg

選手達に問う

どんな選手になりたいのか?

人間の発想は無意識にも記憶からイメージされる事がほとんどだと言われている。

良いイメージを残したければ、より良い選手を見て感性を磨く事。

これは当たり前の事、必然だと思う。

全ての中心が世界で基準が作られるサッカーというスポーツにおいて、
世界のトップ選手達を見る事がどれだけ自分にプラスになるのか?
難しく考える必要もなくシンプル。

世界のトップの選手達からまっすぐに学ぶ事。

より良い選手になりたければ、
少なくともそれを素直に受け入れられる柔軟な感性が必要だ。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 「感じ取る」というセンス 】

desafio20150807SK.jpg

全てに対して言える事。

「 出来なければ、出来るまでやる 」

簡単な事ではないけれど
成長していく為にはこれしかない。

高い目標になればなるほど「出来なければいけない事」は難しくなる。

夢や目標を成し遂げられる人間と、成し遂げられない人間が何故居るのか?

成し遂げられる人間は、
その努力を当たり前にこなせる力を持ち

逆に成し遂げられない人間は、
それを自分の能力の限界だとか人のせいにして途中で諦める。

結局「上手くなり続ける」「成長し続ける」人間という事は、
最後まで絶対に「諦めない人間」の事を言うのだと思う。

どんなに時間が掛かろうとも、
自分自身と正面から向き合い諦めずに成長し続ける人間。

そういう人間じゃなければ夢を実現する事は出来ない。
もちろん出来ない事を出来る様になる為のプロセスは最も重要で、
そのプロセスを伝える事に関してはプロである自分達の仕事。

そのプロセスが間違ったものであったら選手がどれだけ努力をしても、
そのやる気は空回りをして終わってしまうだろう。

「正しい場所」で「正しい考え方」の元「正しい努力」をする。

これが、出来ないものを出来るようになる為の最低条件。

「間違った場所」で「間違った考え方」のもと「間違った努力」をする。

これでは、出来ないものが更に出来なくなる事はあっても
出来ないものを出来るようになるなんて、奇跡が起きたって無理だ。

夢を成し遂げられる人間は、

「 自分が成長出来る場所が何処なのか? 」

それを感じ取れるだけのセンスを必ず持っている。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 技術に対する意識 】

desafio20150806messi.jpg

「ボールを置く場所」

ボールを持てる選手になる為に最も意識するべきポイント。

常にどんな時でも意識しなくてはいけない事だが、
「どこにボールを置いたら良いのか?」をアバウトにしている選手は多い。

例えば、プレッシャーの掛かる2タッチゲームをするとすぐに分かる。

ファーストタッチの精度が何より重要視されなくてはいけない中で、
雑で適当なファーストタッチの後に見方の選手へ反射的にパスを出す選手。

ボールを自分ものにできる技術が無い選手は、
数センチ、数ミリ、単位でボールを置く場所に気を付けるべき。

自分のボールタッチが、どれだけズレているのか?

たとえそれが、数センチ、数ミリ、のズレだったとしても
それをゼロにするまでに、どれだけの技術と、
その技術を身に付ける為の努力が必要になるのかを考えなくてはいけない。

この部分に気付けなければ一生掛かってもボールは自分のものにならない。

そしてもうひとつ、ほとんどの選手ができていないのは「ステップ」。

ボールを自分のものにする感覚を身に付けたければ、
「 ファーストタッチ と ステップ 」は、常に同時にできなくてはいけない。

ボール感覚とステップがバラバラの「 ステップの為のステップ 」ではなく、
ボールを置く場所を意識した「 ボールを自分のものにする為のステップ 」という意味。

「ラダートレーニング」のように、ボールとステップを切り離したトレーニングでは、
絶対に身に付ける事ができない、サッカーに必要なステップ。

こういった技術に対する高い意識を持たなければ、
日々自分がボールと向き合いボールコントロールの質を上げる為の努力が、
サッカー選手としての技術へと繋がっていかない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 どこで触っているのか 】

desafio20150805TRFTK.jpg

ボールを自分のものにする感覚を身に付ける為には、
とにかくたくさん「 利き足 」でボールに触らなくてはいけない。

ボールタッチやステップの感覚を体に染み込ませる。

自分の足や体のどの部分でボールに触ったら、
どのようにボールがコントロールされるのかを分かるようになる為。

ボールを止められない。

ボールを持てない。

ボールを蹴る事ができない。

この基礎ができないという選手達は、
ボールコントロールがあまりにも雑すぎるから。

そんな雑で適当なボールコントロールを変えたいと思うのなら
自分の意識を変えるしかない。

それができなければ、
ボールとの一体感なんて一生掛かっても感じる事すらできない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 腐ったら終わり 】

desafio20150804.jpg

ブラジルでチームの監督からはっきりと言われた事がある。

「俺は、お前を使わない」

「日本人を使って、もし試合に負けたら俺がクビになる」

「もし使われたかったらブラジル人と同じじゃ駄目だ」

「ブラジル人以上にプレーできる事を証明しろ」と。

自分より圧倒的に上手いブラジル人の中でプレーをしていて、
この言葉を言われた時に感じた。

「正しい、証明してやろう」

単純にそう思った。

日本人というだけの理由で仲良くすれば後々自分にメリットがあるだろう、
という下心で近ずいてくる人間が多い中で彼は違っていた。

プロとして当たり前の事をするだけ。

実力こそ全て。

そう教わった。

世界中どこに居たって、
自分の私利私欲だけを考えた人間達なんて腐るほど居る。

そんな中でも強く生き残っていく為には、
圧倒的な実力を持って自分の存在価値を証明するしかない。

何があっても腐らず

何があっても諦めない

そして謙虚である事

自分の頭の中だけで思い描いている
綺麗で都合の良い理想通りの世界なんて存在しない。

何があっても

「上手くなり続ける事」

その意思がブレない選手にだけは必ずチャンスは訪れる。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: リフティング チャレンジ 2015   Tags: ---

【 リフティング チャレンジ 】

desafio20150803RFC.jpg

リフティング チャレンジ が始まり1ヶ月が過ぎました。

7月のカレンダーを見てトレーニングを振り返ると、
自分が積み重ねた成長プロセスを感じられると思います。

ただ単純な回数を記入するメモ帳としてではなく、
その回数や時間を見ると、その時の技術的感覚を想像する事ができます。

技術とは感覚の積み重ねです。

正しい技術、正しい感覚とは何なのか?

最初は分からないでしょう。

でも、このリフティングトレーニングには、
正しい技術 = 数字という結果が必ず付いてきます。

自分がどんな感覚を積み重ねていけば、サッカーが上手くなれるのか?

自分自身の技術と正面から向き合い成長する為のチャレンジです。

8月も既にスタートしているので、
頑張ってチャレンジを続けていきましょう。

既に8月分のカレンダーは全ての選手達に配っていると思いますが、
まだ受け取っていない選手は、コーチ、フロント・スタッフまで声を掛けて下さい。

そして今週から7月分のカレンダーを一旦回収します。

また、コーチに質問などあればカレンダーの裏の記入欄があるので記入して下さい。

宜しくお願いします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR