Desafio

Category: コーチング   Tags: ---

【 成長し続ける 】

desafio20150930.jpg

「サッカーを上手くなり続ける事」

これは良い選手になる為の根幹で
選手としての方向性を決定付ける一番大切な部分。

世界のトップでプレーする選手達は、
誰よりも強い向上心を持っている。

その向上心があるからこそ絶え間ない努力ができる。

目指している夢や目標が世界の頂点
そこに向かっていく為にまっすぐ努力をするだけ。

簡単そうに聞こえるが

日本に居る選手達のほとんどは、
目の前にある目標をひとつ達成した時点で満足してしまう。

「 これくらいで良いや 」

少しでも、そう思った時点で成長は止まる。

目の前にある目標を達成するのは素晴らしい事だし、
他人には理解できないほどの多くの苦労を感じていると思う。

でも、そこで満足してはいけない。

目の前の目標を達成したら、すぐに次の目標へ

世界のトップを目指すのであれば、
そこに辿り着くまで、その努力は続けていかなくてはいけない。

成長し続けられなくなった時はサッカーを止める時だけ。

サッカーを続けていきたければ

「 一生上手くなり続ける 」

そんな意識を持ってほしい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 サッカーから学ぶ 】

20150929.jpg

サッカーを始める切っ掛けは、

ただ単純に「楽しいから」とか「好きだから」

また「友達がやっているから」

というものかもしれない。

最初はどんな理由であっても良いと思う。

でもサッカーというスポーツの本当の素晴らしい部分は、

「選手として成長していく成長プロセス」と、
「人間として成長していく成長プロセス」が重なる部分にある。

自分自身と向き合いサッカーを上手くなるという事は、
自分の中の自分を乗り越えなくてはいけないという事になる。

その経験が選手達を人間としても成長させていく。

大袈裟でもなんでもなく、
本気になってサッカーに取り組んでいる選手ほど
人間として将来に繋がる大きな成長をしている。

そういった成長をしている選手達が、
夢を叶えプロの道に行ける事が最も素晴らしいのかもしれないけれど
もし自分で違う道で生きていく選択する事があっても彼等なら大丈夫。

どんな大きな壁も自分の力で乗り越えていける。

どんなジャンルであっても本物のプロを目指していける。

逆に、サッカーは「遊び」だとか「楽しい」という表面上の部分だけで、
自分と向き合う事ができないまま、目を背け続けていると、
サッカーから得られるものはレジャーの域を越える事はできない。

日本の指導者の中には、その「遊び」という部分を強調する人間も多いが、
それはその人間が表面的な部分でしかサッカーを経験していないからに過ぎない。

はっきり言って

そんな表面的な環境や人間から、
学べるものも、その後の人生に活かせる事も何も得られない。

成長してこそ価値があり

成長しなければ意味が無い

サッカーから人生の生き方を学ぶ為には、
最低限それくらいの覚悟を持つ事が必要だ。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 プライベート レッスン 】

desafio20150928pr1.jpg

プライベートレッスンがあり、
本人の希望で " ドリブルサーキット " を行いました。

desafio20150928pr3.jpg

徹底的に「 利き足のボールタッチとステップ」を意識する事で、
ボール感覚を身に付ける為のトレーニングです。

desafio20150928pr4.jpg

このトレーニングは「サーキット」というだけあって、
非常にフィジカルトレーニングの要素も強くなってきます。

desafio20150928pr5.jpg

その時に、「ボールタッチ」「ステップ」「フォーム」が崩れたまま惰性で行うと、
逆に「悪い癖が付いてしまう」ので、本来の目的とは全く違った結果になってしまい、
ただのフィジカルトレーニングで終わってしまいます。

desafio20150928pr2.jpg


自分が見ている時は常に選手達の、ボールタッチ、ステップ、フォームが
崩れないようにチェックしているので問題ありません。

ボールの持ち方へ繋がる「ボール感覚」

そこに繋がる「フォーム」

サッカーに必要な「フィジカル」

desafio20150928pr6.jpg


ドリブルサーキットというトレーニングは、
それを正しく見守るプロの指導者の存在があれば、
全てをバランス良く学ぶ事が可能なトレーニングになります。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: お知らせ   Tags: ---

【 個別面談 実施中 】

desafio20150925.jpg

所沢校では、現在「個別面談」を実施しています。

まず面談をする事でどんなメリットがあるのでしょうか?

選手が正しく成長できる環境を作る為には、
周りに居る大人達が正しいサポートをしていく必要があります。

選手をサポートをする大人の役割を考える切っ掛けであったり、
いま現在選手が置かれている状況を正しく把握するという意味があります。

選手を100%成長させられるプロの技術を持った指導者の存在と
選手の成長を世界中の誰よりも願い最も身近で選手に接している保護者の存在。

その大人達がしっかりとコミニュケーションを取る事で、
情報を共有し協力し合う事で初めて選手は正しく成長できるのです。

指導者側の人間は選手が普段の生活の中で置かれている環境や状況を
詳しく知る事で選手の成長をより深く考え活かす事ができます。

保護者の方には、

「 指導者が、どんな信念や理念の元で指導をしているのか? 」 

「 選手の成長状況 」

 「 選手が本来持っている能力や可能性 」

 などに付いて、プロの指導者としての立場から説明させていただきます。

そして選手が持っている能力を最大限に活かす為に

「いま何をする必要があるのか?」

という事を分かりやすく具体的にしていきます。

いままでも個別面談をした事で、
保護者の方が抱えている日々の不安の解消であったり、
選手自身が進むべき方向性を再確認する事でモチベーションが上がり
いままで越える事ができなかった壁を乗り越える事を可能にしています。

選手が正しく成長できる環境を作る為

有意義な時間にできればと思っております。

あまり堅苦しく考え過ぎず、お気軽にお申し込み下さい。

詳しくは、スクールに通う選手達には書面で配っていますが
何かありましたら、コーチ、フロント・スタッフまでお尋ね下さい。

宜しくお願いいたします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 プライベートレッスン 】

desafio20150924.jpg

「人間性」

" 上手くなる為 "

" 成長する為 "

一番大切な事かもしれません。

高校生のプライベートレッスンを始めて一年近くが経ちますが、
彼は定期的にプライベートレッスンを受けています。

通常は年齢は進むほどに間違った固定観念が自分の頭を硬くしてしまい
成長に必要な柔軟性を奪います。

彼の場合は純粋に上手くなりたいという気持ちが強く
今では基礎技術も上がり、意識にも変化が現れ続けています。

何歳でもサッカーは上手くなれます

しかし

誰もが簡単に上手くなれるという訳ではなく
それを可能にする「人間性」という
最も大切な条件を持ち合わせた選手だけです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【変わらない】

desafio20150923a.jpg

上手くなる為に

「やらなくてはいけない事」

「乗り越えなくてはいけない事」

幼稚園、小、中、高校生、大人

desafio20150923b.jpg

何も変わらない

目の前にあるボールを完璧にコントロールする事

その為のプロセス

「上手くなる」

というプロセスには、年齢も国籍も関係ない。

本気でサッカーが上手くなりたいのなら、そこから逃げる事なんて絶対にできない。




テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 選手   Tags: ---

【 junior 】

20150922145137793.jpg

1982年 ワールドカップ スペイン大会の「黄金のカルテット」を擁するセレソンにおいて、左サイドバックでプレーしていた。

その圧倒的な技術で、歴史上最強のセレソンとも言われているチームにおいて左サイドで常に攻撃の起点となっていた。

セレソンでは当然素晴らしい経歴だが自分の中では若く全盛期の頃より、所属クラブであるフラメンゴで39歳で引退する数年間、90年〜93年にボランチとしてプレーしていた時の印象が強烈に頭に焼き付いている。



「こんなに上手い選手がいるのか」と衝撃を受けた。

圧倒的な技術で常にグランドの誰より輝き躍動したプレーを見せ、技術があれば年齢は関係無いという事を証明していた。

ブラジルでは自分もボランチでプレーしていたので、彼のプレーの全てが理想だった。

20150922145135dcf.jpg


他の多くの選手達にも言える事だが、技術が世界のトップにある選手の身体能力が落ちた中での晩年のプレーは最高に素晴らしく、かっこいい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【量と質】

20150921195229735.jpg


上手くなる為のトレーニングに問われるものは
質の高いトレーニング

どれだけたくさんトレーニングをしても、
その質が低ければ全く意味がない

でも。。

誰もが、その質を最初から感じ取れるわけではなく
その質を感じとれる感性を身に付けるまでは、
必死になってたくさんトレーニングを積み重ねなくてはいけない

質の高いトレーニングだからといって
短い時間で楽をして上手くなれる事とは違う

本物の世界のトップの選手達は、
質の高いトレーニングで
なおかつ誰もが真似できないほどの
練習量を平然とこなしている

そんな本物の努力をしている人達は、
誰一人として「自分は頑張りました」
なんて言わない

上手くなる為

夢や目標を叶える為に

自分は当たり前の事をしてるだけ

ただそれだけの事だと感じているはずだ

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: スクール   Tags: ---

【 個人面談 】

desafio20150918.jpg

いま所沢校では個人面談を実施しています。

選手の成長具合や方向性の確認、進路相談など、
どんな事でも良いので お話できればと思っています。

選手が正しく成長をしていく為に重要なのは、
指導者を含め、選手の周りに居る大人達の存在です。

その大人達が意思疎通を取って方向性を合わせていかなければ、
選手がまっすぐに成長できる環境を作っていく事は不可能だと思っています。

これからは選手達が一年の中で最も大きな成長をする季節が来ます。

この面談が選手の更なる成長を可能にする
より良い環境作りの切っ掛けになればと思っております。

このタイミングで面談をする事で選手のモチベーションも更に上がり、
いま自分がするべき事も明確になっていくでしょう。

選手が迷う事無く、まっすぐに成長できる環境を作る為。

お手数ですが保護者の皆様には、ご協力頂けますと幸いです。

詳細に付きましては書面で選手達に配っていますが、
なにかあれば、いつでもコーチ、フロント・スタッフまで お声をお掛け下さい。

宜しくお願いいたします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 必ず成長させる 】

desafio20150917.jpg

7月~8月に取り組んで来た事の成果が現れてきている。

既に、いまの段階でリフティングの記録を出す選手の数は今までで一番多く、
一番上のU-15のレベルでは、テニスボールのパーフェクトをクリアする選手達も
毎回のレッスンで、1人、2人と増えてきている。

desafio201509172.jpg

その努力で得た技術は、確実にボールを自分のものにする感覚へと繋がり、
不可能だと思っていた事が、出来て当たり前になってきている現実が目の前で起きている。

上手くなる為、成長する為には、自分の中の自分を越えていく事

日本の育成年代の環境下では、
全て一人で意識し、考え乗り越えられる選手は正直ほとんど居ない。

特に自分がまっすぐに成長する為の正しい方向性を、
1人の力で見出す事が出来る感性や強い信念を持つ事は最も難しいからだ。

しかし、成長し続けていく為には、避けては通れない道

「正しい環境」の中で「正しい考え方」の元「正しい努力」をする事。

簡単ではないけれど

本物のプロの技術と経験を持ち、自身と選手の成長を日々考え、
実践できる信念と情熱を持った指導者の存在があれば不可能ではないと思っている。

今までの自分の中での固定観念が良い意味で大きく壊された2ヶ月間だった。

これからも自分自身が成長する事で、関わっている選手達を成長させていきたい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 利き足 】

desafio20150916.jpg

「利き足を意識する」

日本には、この意味を理解できない人がほとんど。

こんなに分かりやすくシンプルな事は無いのに。

はっきり言って頭が固いとしか言えない。

そんな頭の固い人ほど中途半端に
「サッカー経験者」だった、とか「サッカー未経験者」だったりする。

命懸けでサッカーに向き合い経験をしてきていない人達が、
その本質を頭の中だけで理解しようとする事なんて本来は無理な話。

「感性が合わない」とか「センスが無い」と

一言で済ませてしまえば、それまでだけど、
そこに選手の将来が関わってくるとなると、その一言だけでは済まされない。


「両足!両足!」と、 

どこの誰が? 

どんな意味で?

作り出したかすら誰の記憶にも定かではないような古いサッカー感。

そこから生まれる間違った固定観念。

それを自分の威厳を保つ為に「正しい事だ」と主張する間違った大人達。

そこに関わった選手達はどうなるか?

その選手が自分の持っている能力を最大限に引き出せない
という事を想像するのは難しくない。

全ての問題の根幹にあるものは、日本人の誰かがサッカーを語る時
サッカーをやった事が無い人間のサッカー感というフィルターを通したものを
真面目な日本人は信じきってしまう、というところなのではないか?

ブラジルを始め世界の強豪国と言われる国々で
何故そのような事が起きないのか?

それは、サッカーを出来ない人間の言葉なんて誰も信じないからだ。

そういう人間は自然と淘汰されていく。

ごく当たり前の事なんじゃないのか?

そして、こんな日本の育成環境の中でも
スクールに選手を通わせている保護者の方々は、
選手の成長の為にその意味を理解しようと努力されているのが分かる。

自分の子供に「少しでも正しく成長してほしい」という親の思い。

そういう環境に生きている選手は、必ずしっかり成長をしていくので、
その成長を見て改めてその重要性を理解してもらっている。

「 利き足の意味 」

そこから何を感じられるのか?

それによって選手達の将来の方向性は変わってくる。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 出来るまで 】

desafio20150915SK.jpg

どんな意識で練習に取り組むのか?

何事も「これぐらいで良いや」と思うのは簡単な事です。

上手くなり続けていくプロセスの中で誰もが必ずぶつかる技術の壁。

その壁を乗り越えようと思ったら、
「出来るまで絶対に諦めない」という覚悟が必要でしょう。

間違った方向へ努力するのではなく

「正しい場所」で

「正しい考え方」を持ち

「正しい努力」をする。

そして、目の前の目標に対して決して諦めずにチャレンジを続けていく。

そうすれば、誰だって必ず夢へ近づいていけるんです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: イベント   Tags: ---

【 TOKYO23サッカー教室 】

desafio20150914tokyo23e1.jpg

TOKYO23というチームのイベントで
檜垣コーチとサッカー教室を行いました。

desafio20150914tokyo23e2.jpg

「江戸陸満員プロジェクト5000」

desafio20150914tokyo23e3.jpg

desafio20150914tokyo23e4.jpg

desafio20150914tokyo23e5.jpg

desafio20150914tokyo23e6.jpg

というイベントで100名以上の選手達が参加してくれました。

TOKYO23は、関東社会人サッカーリーグ1部に所属していて
Jリーグを目指しているチームです。

desafio20150914tokyo23e7.jpg

スクールの卒業生や高松コーチも選手として所属しています。

desafio20150914tokyo23e8.jpg

地域に密着したチーム作りを目指しているようで、
イベントは非常に盛り上がっていました。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: リフティング チャレンジ 2015   Tags: ---

【 続けていますか? 】

desafio20150911rc1.jpg

9月も既に10日が経ちました。

「 自分自身の成長の為のリフティングチャレンジ 」続けていますか?

今回のチャレンジによって、この7~8月の2ヶ月間というのは、
所沢スクール全ての選手達が今まで自分が見てきた中で一番大きな成長がありました。

desafio20150911rc2.jpg

それは、ただ「回数が増えた」というだけの単純なものではなく、
自分の技術と向き合い、一人の人間としての成長がなければ不可能な事です。

それこそ全ての選手というのは、
幼稚園の選手から中学3年生までの全ての選手達です。

desafio20150911rc3.jpg

この成長を無駄にしない為にも、
これから始まる一年で一番伸びる時期に次のステップへ
しっかりと繋げていきましょう。

いままでは大きな成長の為の土台作り。

本当の成長はここからです。

これからも選手達が更に成長できるものを考えていきます。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 つなげる 】



想像力やイマジネーションとは、どこから湧いていくるのか?

それは「技術を想像する力」と
「自分が見て感じ、経験した記憶」からではないだろうか?

メッシはロナウジーニョから学び
ネイマールはメッシから学んでいる。

当然技術を想像する為には
自分がその技術を身に付けていなくてはいけない。

リフティングの為のリフティング

トラップの為のトラップ

キックの為のキック

ドリブルの為のドリブル

そうなっていないか?

全ての技術が本来なんの為にあるのか?

自分の技術をサッカーにつなげる事ができているか?

本物のサッカーを「見て」「感じて」「知る」機会が
少ない日本の中で何ができるのか。

「世界のトップのサッカーを見る」

実際のプレーを目の前で見る事がベストかもしれないけれど
テレビやDVD、インターネット、なんだって良い。

とにかく世界の選手達のサッカーを知る事が大切。

技術がなければ感じられなかった事も
技術が身に付いた事で感じられる事がある。

何がサッカーなのか?

技術ってなんなのか?

世界で一番上手い選手達のプレーから学ぶ以上に
正しくシンプルな事はない。

サッカーに「答えはない」という日本人が居るが
答えは常に世界のトップが出している。

そういう人間は、それに気付ける技術も感性も無いだけだ。



テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 雨の季節 】

desafio20150909.jpg

今月は非常に雨が多いですね。

自分が子供の頃には天候に関係なくサッカーをしていました。

自分が「サッカーをしたい」「ボールに触りたい」と思った瞬間に、
天候が理由で「やれない」という感覚が嫌だったのを強く覚えています。

サッカーと言っても雨が降ると
友人達は誰もやらないので一人でボールを触っていました。

とにかく「ボールに触る」事に対する欲求が強かったと思います。

「絶対に上手くならなきゃいけない」

という感覚に常に追われていました。

それは正しい事を教えてくれる指導者が周りに居なかったので、
「自分で何とかしなくてはいけない」という気持ちが強かったのだと思います。

なので選手達が雨の中でサッカーをしたい気持ちも良く分かります。

でも、いま自分は指導者になり多くの選手達を任される立場。

1人1人の安全を第一に考え、選手達の成長をサポートする責任があります。

「危機管理能力」と言いますが、

大人と子供では感じ方に違いがあって当然です。

大人の方が子供より経験値が多い分、
色々な事を想定して危険を回避し動く事ができますからね。

時々、大雨、台風やカミナリが鳴っている状況でも関係無しに
サッカーをさせているチームの指導者を見掛ける事がありますが、
何かが起きてからでは遅いですよね。

「選手を成長させる」というだけでなく

「選手の安全面」の責任も指導者が背負っているのですから。

ただ、選手達に「雨だからサッカーをするな」とは言いません。

しかし、自分の体調管理や安全性には充分に気を付ける事。

無理をして体調を崩したり怪我をして、
普段の練習に影響を及ぼす事のないようにして下さい。

自分の行動には自分で責任を負わなくてはいけません。

ボールに触るのは上手くなる為に一番大事な事ですが、
ボールに触らなくてもトレーニングをする方法はあります。

「イメージトレーニング」

こういう時にこそ「世界のサッカーを見る」良い機会です。







「 Diego Maradona 」

利き足でボールを自分のものにする感覚が行き着くべき場所です。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: リフティング チャレンジ 2015   Tags: ---

【 目的意識 】

desafio20150908.jpg

リフティングチャレンジの中で
選手達の成長記録を見て改めて気付かされる事がある。

" 上手くなる為に自分で明確な目標を立てる "

" その目標を達成する為に日々練習をする "

あたりまえの事だけど

「成長できる選手」は、これを実践できている。

更に「成長のスピードが早い選手」は、それがより具体的であり鮮明だ。

「上手くなれたら良いな」

という漠然な目標だけでは、
自分が、今その為に何をするべきなのか見えて来ない。

そういう選手ほど

「時間が空いて、できる時に練習をする」と言う。

「自分が上手くなりたい」から

「できるようになりたい」から練習をするのと、

「時間があるから練習をする」というのでは目的意識が全く違う。

どうしたら上手くなれるのか?

その為に自分は何をしなくてはけないのか?

選手達は、このリフティングチャレンジを切っ掛けに感じてくれたはずだ。


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: リフティング チャレンジ 2015   Tags: ---

【 リフティング カレンダー 】

先週からリフティングカレンダー8月分の回収を始めました。

先週に回収した選手達のカレンダーは、
全てチェック後にコメントを書いて返していきます。

選手達が自分自身で記録した成長プロセスを見る事は、
色々な意味で今後の選手達の成長を考えるうえで大きな意味を持っています。

選手達が置かれている生活環境や個性は違っていても、
みんな「サッカーが上手くなりたい」「成長したい」
という気持ちになんら変わりがないという事が分かりました。

選手達からの感想や質問などを見ていると
彼等の成長に取ってプラス要素が非常に多かったと思います。

本当に実施して良かった。

そう思います。

7月、8月、と、2ヶ月限定で開始したリフティングカードですが、
この感覚を忘れずにこれからも継続して続けてほしいと思います。

上手くなる為のチャレンジは、ずっと続いていくのですから。

Category: コーチング   Tags: ---

【 選手が正しく成長出来る環境づくり 】

desafio20150904.jpg

「 リフティング チャレンジ 」

「 技術強化合宿 」

「 スペシャル キャンプ 」

「 リフティング&フッチボレー大会 」

「 StepUpクラス 」

今年の夏に所沢校の選手達が経験したものです。

技術や能力、個性も違う選手達。

1人1人の選手達が「感じ、考えた」はずです。

「サッカーを上手くなる為にどうすれば良いのか?」

「いまの自分に何が必要なのか?」

成長できない選手の多くは、
この当たり前の事を正しく考える事ができていません。

「練習さえしていれば、どんな練習でも上手くなれる」という勘違い。

" 上手くなれる選手 " と " 上手くなれない選手 " 

この違いって、なんだと思いますか?

とにかく、たくさん練習する事はもちろん大事です。

しかし、それ以上に

物事を「正しく感じ、考えられる力」が備わっているかどうか。

この「物事を正しく捉える力」こそが、自分の中の自分を越える為に、
いま何が必要なのかを的確に考えられる力なのだと思います。

プロの指導者の役割とは?

単純にサッカーを上手くさせるだけではなく
選手が自分1人で考えて成長できる自立した選手へ成長させて、
初めて意味があるのだと思っています。

それを可能にする環境づくりをしっかりと行っていきたいと思います。


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【誰が言っているのか?】


サッカーを上手くなる為に何が大切なんだ?

「リフティングは必要ない」

とか

「両足じゃなきゃ駄目」

だとか

本当に誰かに何かを言えるだけのサッカーをしてきた人間が言っている言葉なのか?

正直レベルが低すぎて話にならない。

何に対しても中途半端で成し遂げられないまま日本という異質な環境に甘んじて指導者なれた人間が言う言葉にはなんの説得力もない。

そんな人間達が自分達のエゴの為だけで作る環境に翻弄されない為に。

選手や、選手達をサポートする保護者の方々には考えてほしい。

誰が何を言っているのか。

本当に選手の成長や将来を考えるのであれば。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 StepUp クラス スタート 2 】

desafio20150902stepup.jpg

明日から木曜日の選手達の
StepUPクラスのレッスンがスタートします。

今週、火曜日からStepUPクラスをスタートしましたが、
そこで改めて選手達の成長を実感しました。

7月にStepUpクラスに体験した頃の選手達を思い返すと
その技術には明らかに差がありました。

この成長は「リフティング チャレンジ」によるもの。

2ヶ月間の中で自分自身の技術と正面から向き合った事で、
上手くなる為の成長プロセスを選手達がしっかりと感じている証拠です。

これから一年で最も大きな成長が得られる「秋」が始まります。

更なる成長への準備は出来ました。

自分自身も気を引き締めて選手達の成長をサポートしていきます。

「 StepUpクラス 」

火曜日/木曜日  17:00~18:30   

参加する選手は時間に間違いがないように注意して下さい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 良い癖 と 悪い癖 】

desafio20150901.jpg

サッカーで最も重要視されるべき技術とはボール感覚です。

そして、この「ボール感覚を身に付ける」というのは簡単な事ではありません。

なぜ簡単ではないのか?

我武者らになって、ただトレーニングを続けるだけでは、
上手くなれない壁というものが存在します。

「上手くなる為に日々のトレーニングの積み重ねが大事」

これは間違いではありません。

ただし

問題はそのトレーニングに対する「考え方 や 意識の持ち方」です。

「正しい考え方」で「正しいトレーニング」

日々、この積み重ねが出来ていれば当然上手くなれます。

逆に

「間違った考え方」で「間違ったトレーニング」

これを日々積み重ねているとしたら、当然下手になっていくものです。

「なかなか上手くなる事が出来ない」

というような話はよく聞きますが、
大きな原因は、こんなところに有るからです。

サッカーが下手になるのは、
間違ったトレーニングの積み重ねで「悪い癖」が付いていくから

サッカーが上手くなる為に最も大切なのは、
正しいトレーニングを積み重ねる事で「良い癖」を付ける事なのです。

その為には

「何が正しくて」「何が間違っているのか」

これらを判断する「基準」が重要になってきます。

自分が必死になってトレーニングしているつもりなのに、
想像以上に「上手くなれていない」と感じている選手達に問います。

自分は本当に「良い癖」を付けられていると思いますか?

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR