Desafio

Category: 合宿   Tags: ---

【 春期技術強化合宿2日目 】

desafio20160331hg1.jpg

合宿2日目が無事に終了しました。

desafio20160331hg2.jpg

今日は「ドリブルサーキット」や「アウトのターン」を行い、
「ボールの持ち方を良くする為のトレーニング」を徹底的に行いました。

desafio20160331hg3.jpg

体力的にもハードなトレーニングとなりましたが
全ての選手達が必死になってチャレンジしていました。

desafio20160331hg4.jpg

「 気持ちが、気持ちが 」と精神論を声を大にして語るのは、
正直好きではありませんが、この2日間の選手達を見ていると
自身の体力と技術の限界の壁を精神力で越えていく様を目の当たりにしました。

desafio20160331hg5.jpg

ここで得た感覚は必ず更なるステップの成長へ繋がります。

明日からまた通常通りスクールのレッスンが始まりますが、
合宿で感じた事、自分自身の課題をしっかりと意識して
ひとつひとつ乗り越えて成長していきましょう。

最後に渡したリフティング目標を達成する為のカードは、
それぞれのスクールコーチに提出して下さい。

夢を現実のものにする為には、
自分の目の前にある目標を確実に乗り越えていかなくてはいけません。



テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 春期技術強化合宿2日目 】

201603310920461bb.jpeg


合宿2日目スタートです。

今日は徹底的にボールの持ち方をよくする為のトレーニングを行います。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【春期技術強化合宿 1日目】

20160330193702e6f.jpeg
20160330193658054.jpeg
20160330193700b70.jpeg

少し高速道路が渋滞していましたが、
無事に到着しました。

そして合宿1日目のトレーニングは、
ボールを自分のものにする為のリフティング。

目の前にあるボールを、
どれだけしっかりコントロールできるのか?

2016033019413699d.jpeg
20160330194137e0a.jpeg
20160330194343574.jpeg
20160330194139a31.jpeg

自分自身の記録を目指し
徹底的にチャレンジしてもらいました。

多くの選手達が記録を更新した中でも圧倒的だったのは。。

20160330194140fc1.jpeg

彼等も自分自身を超える為、
必死になってチャレンジをしていました。

20160330194805e52.jpeg

テニスボール パーフェクト 各部 1060回ずつ。

自分を超えた瞬間
しっかり見届けました。

2日目も確実に成長させます。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 キャンプ地へ 】

20160330090605c4f.jpeg


いよいよ合宿1日目です。

バスで合宿先の千葉へ向かっています。

送迎は、合宿の中でも
特に気を付けなければいけない部分です。

責任を持って選手達を
安全に合宿地まで連れて行きます。

無事に到着しましたら、
改めてブログにてお知らせいたします。

よろしくお願いいたします。

Category: プライベート レッスン   Tags: ---

【 プライベート レッスン 】

desafio20160330pr1.jpg

月曜日はレッスン前に
スクール生のプライベートレッスンを行いました。

ボールの持ち方が非常に良い感覚を持っている選手なので、
これからの成長が楽しみです。

日本の育成環境の中で腐った指導者の影響で悪い方向へ流されないように
しっかりサポートしていかなくてはいけません。

desafio20160330.jpg

火曜日は高校生のプライベートレッスン。

1年以上レッスンを行っているので試合の中でボールを奪われなくなり、
ボールを持つ事の意味や重要性に気付き意識できるようになってきました。

更に質の高い基礎を身に付けて
大学に行っても成長し続けてほしいと思います。


スクールは、今日から春期技術強化合宿です。

2日間で、しっかりと選手達を成長させてきます。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 明日から 】

desafio20160329hg.jpg

いよいよ明日から「 2016 春期技術強化合宿 」です。

■コンセプト

「 世界に繋がる本物の技術を身に付ける 」

■ テーマ

「 リフティング&ドリブル強化 トレーニング 」

所沢校の選手達は

「 StepUpクラス & 選抜クラス セレクション 」

を同時に行います。

参加する選手達は、明日に備えて体調管理をしっかりと行い
ベストコンディションで合宿に参加しましょう。

特にバスに酔い易い選手は、
前日の睡眠をしっかりと取って下さい。

2日間で次のステップへ繋がる感覚を得てもらい
必ず成長をしてもらいます。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: プライベート レッスン   Tags: ---

【 プライベート レッスン 】


日曜日は、スクール生のプライベートレッスンでした。

desafio20160327pr1.jpg

「 ボールを自分のものにする 」感覚を上げ

desafio20160327pr2.jpg

「 ボールの持ち方を良くする 」為のトレーニングをする。

上手くなる為の方法を突き詰めていくと
やるべき事はよりシンプルになっていきます。

ただし

その感覚は果てしなく奥が深くできる人間にしか分からない。

言葉だけでは到底伝える事ができない世界です。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 選択 】

desafio20160325.jpg

3月もラスト1週間。

大袈裟ではなく
選手達にとっては人生の分かれ道。

自分が進むべき道の選択を迫られ、
何を選択するかによって将来は大きく変わります。

自分自身が本当に成長できる道を選択して
最大限に自分の持っている能力を伸ばし、
まっすぐ成長する事。

それが夢へ近づく為に最も大切な事です。

「苦労は買ってでもしろ」

「急がば回れ」

なんていう ことわざがあるけれど、
成長する為に無駄な苦労や時間を掛けていられるほど、
選手の時間は永遠にあるわけではありません。

世界の高いレベルで結果を残している選手達は、
若くしてその部分に気付き、まっすぐに成長しているからこそ
人よりも高いレベルに辿り着けているんです。

世界中の圧倒的に高い能力を持った選手達が、
世界の頂点を目指し、命懸けのチャレンジで まっすぐに成長している最中、
狭く小さい日本の中で、間違った固定観念に捕われる事の
無意味さに気付けなければ間違いなく夢は夢のまま終わりです。

本気で夢を叶えたければ

世界基準でサッカーを想像して下さい。

そして自分が、そこに向かってまっすぐに成長できる道を必ず選択して下さい。

もし君達が一度選んだ道を間違えて「成長できない」と感じ、
迷う事があったらいつでも帰って来て下さい。

その為の環境は作っておきます。


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 厳しさ? 】

desafio20160324.jpg

「厳しさ」とは、なんでしょう?

怒る事?

叱る事?

罰を与える事?

それとも

本質的に自分自身の痛いところを直接指摘される事?

「厳しさ」という言葉の捉え方も人それぞれでしょう。

しかし問題は、その厳しさが向かう先です。

自分が一番理不尽だと感じる事は、

大人が子供に対して

育成年代の指導者が育成選手に対して

厳しく接する際に

その大人や指導者が自身に対して、
それ以上に厳しく向き合えているのか?
という事です。

これは自分が子供の頃から強く感じていました。

「この人達は自分にできていないのに何を偉そうに言ってるんだ?」と。

もし、それができていないのであれば
それは理不尽としか言いようがありません。

大人同士が自分達には、緩く馴れ合いになっているのに
子供にだけ厳しく接して、何かを伝えようなんて考えが甘いですよね?

そんな間違った大人同士の中で生まれた腐ったしがらみなんて
選手達にとっては、なんのプラスにもなりません。

「人を育てる」「個を育成する」

自分の事を棚に上げて軽々しく言っている人達は多いですが、
それを実現する為には本当に命懸けじゃないと無理です。

選手をまっすぐ成長させる為には、
まず大人や指導者が自分とまっすぐ向き合う事から
始めなくてはいけません。

これは当然自分自身にも言える事であって
常に問い続けている事で、日々自問自答の繰り返しです。

もし、少しでもそこからブレたり外れた瞬間に、
自分はサッカーに関わる事ができなくなりますから。

でも、そんな事はプロとしてあたりまえです。

プロの指導者というのは、アマチュアより技術を見せられる
というだけの単純なものではありません。

プロの指導者は自分にできない事は伝えません。

それは成長する事の厳しさを身を持って体感し、
伝える事の難しさを知っているからにすぎません。

身の程を知っているのがプロ。

身の程を知らないのがアマチュアです。

もし、このブログを見て「厳しい」と感じるのなら、
自分が本当に自身と向き合えているのか考える必要があります。

プロであれ、アマチュアであれ
指導者を名乗り選手達と関わっている時点で
良い影響も悪い影響も与える立場に居るという自覚は必要です。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: futebol do brasil   Tags: ---

【 ブラジル 】

desafio20160323br1.jpg

desafio20160323br2.jpg

「ブラジル」=「サッカー」

「ブラジル人」=「サッカーが上手い」

ブラジルと聞くだけで、そう連想する人は少なくないはず。

それほどブラジルとサッカーは密接で深い関係にある。

前回プライベートレッスンを行った時にフットサルコートへ着くと、
ブラジル人のグループがフットサルをプレーしていて、
一瞬自分がブラジルに戻った気がした。

ブラジルに居た時は、あたりまえすぎる光景だったけど、
今は懐かしさと共に、自分自身が本当にサッカーと正しく向き合えているのか?

そう瞬間的に考えさせられた。

「彼等がサッカーをプレーする感覚」と「自分がサッカーをプレーする感覚」

14年間ブラジルで必死になってプレーして来て、
その違いを少しは埋める事ができたつもりでいたけれど、
やはり彼等には勝てる気がしない。

サッカーの国、ブラジル。

いつかもう一度そこへ帰る日が来るまで、
もっともっとサッカーを上手くなっていよう。



テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: プライベート レッスン   Tags: ---

【 プライベートレッスン 】

desafio20160322pr1.jpg

desafio20160222pr2.jpg

今回は「トラップ&キック」を中心に行いました。

トラップ&キックのトレーニングは一見シンプルですが
連続して長く行うと、基礎技術が無い選手は著しく体力を消耗します。

自分もブラジル時代の自主トレで檜垣コーチと
暗くなってボールが見えなくなるまでノンストップで
何時間もトラップ&キックを行いました。

ボールを自分のものにする為のボールタッチと
体の使い方をどこまで意識できるようになれるか?

ワンタッチでボールを自分のものにする感覚は、
究極にシンプルである反面、その質や精度が最も問われます。

どんなトレーニングも意識は大切ですが、
このトレーニングほど意識の差が成長を大きく左右するものもありません。

全てのトレーニングは

「ボールを自分のものにする感覚を養う為」

この意識が本当に持てるようになれば、
上手くなり続ける為の方向性がブレる事はないはずです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: イベント   Tags: ---

【 神戸 サッカー教室 】

desafio20160321ksc1.jpg

檜垣コーチと共に神戸でサッカー教室を行って来ました。

desafio20160321ksc2.jpg

desafio20160321ksc3.jpg
desafio20160321ksc4.jpg

自分自身、神戸のサッカー教室は初めて参加させていただきましたが、
やはり多くの方々にブログを見ていただいていて、
自分達が日々行っている考え方に理解と興味を持っていただいているんだと
強く感じました。

desafio20160321ksc5.jpg

desafio20160321ksc6.jpg

desafio20160321ksc7.jpg

選手は「上手くなりたい」

指導者や保護者の方々は
選手に「上手くなってもらいたい」「成長してほしい」

根本的な本質の部分、その思いに違いはないはずなんです。

しかし、一部には本当に自分の事しか考えない酷い間違った大人が存在し、
そんな人間が作り出した環境の中で大人同士のしがらみが選手を苦しめる
という現実があります。

指導者の役目とはなんですか?

指導者とは選手を成長させる為の存在であって、
それ以上でも以下でもありません。

自分自身がもっと成長し、
これからも選手ひとりひとりの更なる成長のサポートを
しっかりと行っていきます。

この度は、サッカー教室開催に御尽力いただきました皆様、
そして参加してくれた選手達、参加へご協力いただきました保護者の皆様、
本当にありがとうございました。

お互いに成長をして、
またお会いできる日を楽しみにしています。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 何を学ぶのか? 】

20160318Messi.jpg

サッカー選手として
最も大切な「ボールを持てる」という感覚。

基本的には世界のトップ選手達のプレーを見て
「ボールの持ち方を学ぶ」という事になるけれど、
ただ漠然とプレーを見ているだけでは
「世界のトップ選手達は、なぜボールを持てるのか?」
という事は正しく感じ取れない。

世界のトップ選手達のプレーを見る時に忘れてはいけないのは、
彼等には、「圧倒的な技術の質の高さがある」という事。

desafio20160318Messi2.jpg

技術の質とは、

「 ボール感覚の質 」

ボールタッチが、「柔らかい」 とか 「細かい」 という
部分的で、表面的ものではなく、もっともっと深い感覚の部分。

ボールと自分の心と体、その全てが一体となる感覚。

少なくとも、この感覚を意識したり、
感じられるような技術の質まで辿り着けなくては、
世界のトップレベルでプレーする事は不可能だし、
彼等ようなボールの持ち方は絶対に真似できない。

目の前にあるボールを

「 完璧にコントロールする 」

その本当の意味を理解したければ

世界のトップレベルでプレーしている選手達の

ボール感覚を感じられるだけの技術を
自分自身がしっかりと身に付けなくてはいけない。

その為に自分と向き合い努力もできない人間には、
一生掛かっても「利き足を意識する真意」は理解できない。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 シューズ 】

desafio20160317MIZUNO3.jpg

自分が履くシューズというのは、

「 自分の感覚をボールに伝え、ボールからの感覚を自分が感じ取る 」

という大切な役割を持っている道具です。

サッカーというスポーツにおいて
選手のこだわりや個性が最も現れる道具かもしれません。

desafio20160317MIZUNO4.jpg

自分も、スパイク、トレーニングシューズ、ランニングシューズなど、
様々な物を使用し、自分にあった物を見付けました。

いまサッカーをしている環境が99%人工芝のフットサルコートなので、
ランニングシューズがいまの自分にとってはベストの選択になります。

desafio20160317mizuno1.jpg

やはり、ボール感覚という意味では裸足感覚が最も良いのですが、
ランニングシューズは、どんなシューズより素足に近い感覚でボールに触れます。

そして、もう1つは、グランドからの衝撃を吸収してくれる事。

人工芝といっても、その下の土台はコンクリートなので、
毎日プレーしていくと体へ負担が蓄積されていきます。

以前一般的なトレーニングシューズでプレーをしていた時には、
腰や膝、足首などに痛みが出てくる事もありましたが、
ランニングシューズに変えてからはそういった痛みはほとんどありません。

ランニングシューズは基本的にアスファルトの上を走る事も充分に想定されているので、ソールがそれほど厚くなくても人工芝の上では充分負担を軽減してくれます。

ただ、基本的にサッカーをする為に作られているわけではないので、
ボールを蹴っていると、耐久性の面ではトレーニングシューズには劣ります。

スクールで育成年代の選手達を見ると、
トレーニングシューズを履いている選手達が多いようですが、
正直、これらのトレーニングシューズは、
耐久性以外でランニングシューズを超える要素はありません。

desafio20160317mizuno2.jpg

トレーニングなどで足に傷みを抱えている選手達の話を聞いても、
シューズを変えてグランドからの衝撃を軽減すれば、
「痛みは無くなっていくのでは?」と思う事は少なくありませんし、
実際にシューズを変えて痛みがなくなった選手は多いです。

シューズ選びもサッカーが上手くなる為に大切なポイントだと思います。

何か分からない事があれば、スクールでいつでもご相談下さい。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 レベル 】

desafio20160316Zidane.jpg

サッカーは世界基準のワールドスポーツ

あたりまえの事だけど、
選手のプレーの質やレベルには違いがある。

プロと言われる選手の中でも、良い選手、悪い選手、が居る。

そしてそれは、本来指導者という立場の人間にも同じ事が言える。

基本的に「 選手を成長させる 」という事を、何より優先させる立場から、
その指導者のレベルは曖昧で分かりづらいものになりがちだ。

とくに日本の環境で100%間違った考え方だと思うのが、

「 選手が駄目だったら指導者になればいい 」という考え方がある。

基本的に、こんな考え方は、どんな職種であっても通用しないでしょ?

自分にできないものを、どうやって正しく人に伝えられるというのか?

指導者とは技術指導だけではなく「人間性も」大事だから?

そんな事はあたりまえだけど、それ以前の問題。
技術を指導できない時点でサッカーの指導者とは言ってはいけない。

それなのに日本には
今でも選手に対して常に上から目線で偉そうに指導する
技術が指導できない指導者の偽物ばかり。

大人と子供という変えようのない立場を利用して、
人に何かを「教えてやっている」という優越感に浸り
日々の自分の人生のストレスを発散させたいのなら他でやってくれと言いたい。

そんな大人に関わった選手達の将来はどうなる?

結局、間違った事を指導され、
自分の持っている能力を最大限に伸ばす事もできず、
将来は同じような間違った大人や指導者になるだけだ。

この流れ、日本の育成年代の環境は昔から何十年も何も変わっていない。

指導者の意味や価値、そのレベルを見極められる環境になっていかなくては、
この先、何百年経とうと日本のサッカーは世界に近づく事はない。

Category: チーム活動   Tags: ---

【 説明会と練習試合のお知らせ 】

desafio20160315.jpg

徹底した個の育成指導とブラジルプロクラブチームとも提携し、
プロサッカー選手を目指すクラブチームとして
4月から活動しますチーム説明会を3月26日土曜日に行います。

■ 場所

施設名:アットビジネスセンター渋谷東口駅前

502号室

アクセス

http://abc-kaigishitsu.com/shibuya/access.html

・ジュニア ユース 希望者

 3月26日(土)

 18時 〜19時


・ユース 希望者

 3月26日(土)

 19時 〜 20時

希望者は下記アドレスより
↓↓

info@isca.jp.net

件名: 説明会参加 ジュニアユース又はユース

氏名

年齢 学年

お電話番号

を明記の上、ご連絡ください。

お申し込み用紙持参の上、ご参加ください。

※ 日程のご都合がつかない場合は、
  檜垣コーチ、または自分にご相談ください。
  直接ご説明させて頂きます。


説明会に伴い入部希望者は、
下記の日程より練習試合や練習に参加頂くことができます。


■ 日時 場所
  3月28日(月)
  駒沢オリンピック公園補助競技場(人工芝)
  17:00~21:00 練習試合 

アクセス
https://www.tef.or.jp/kopgp/access.jsp


■ 日時 場所
  4月1日(金)
  府中 郷土の森サッカー場(人工芝)
  15:00~18:00 練習または練習試合

アクセス
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/shisetu/supotu/sakka/shimin.html


練習試合、練習 参加希望者は下記アドレスより↓↓

info@isca.jp.net

件名 : 「 試合参加 」

参加希望日

氏名

年齢 学年

お電話番号

を明記の上、ご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: イベント   Tags: ---

【 佐賀県 サッカー教室 】

desafio2016031213sk1.jpg

土、日の2日間、佐賀県でサッカー教室を行って来ました。

SUSS というスクール主催で開催され、
熊本、福岡、愛媛、など遠方から参加してくれた選手達も居ました。

SUSS代表の中島くんは、自分達が信念を持ち行っている
指導理念、指導方法などに共感してくれていて、
「自身と向き合い選手達と共に成長していく」
という事を実践している数少ない指導者の1人です。

昨年に開催された、大分県サッカー教室の時に参加してくれていた選手達の成長も
実際に自分の目で見て確認する事ができましたし、2日間で次のステップへ繋がるヒントをつかんでくれていると確信しています。

desafio2016031213sk2.jpg
desafio2016031213sk3.jpg

この2日間で今まで超える事ができなかった壁を
全ての選手達が超えて成長できたように、
「正しい考え方」のもと「正しいトレーニング」を続けていけば
サッカーは必ず上手くなれるんです。

desafio2016031213sk4.jpg
desafio2016031213sk5.jpg
desafio2016031213sk6.jpg
desafio2016031213sk7.jpg
desafio2016031213sk8.jpg

自分自身が「 絶対に上手くなるんだ 」という強い気持ちを持ち、
日々自分自身の技術、目の前にあるボールと向き合いチャレンジを続けて下さい。

desafio2016031213sk9.jpg
desafio2016031213sk10.jpg

この度は、サッカー教室開催にご協力いただきました皆様、
また参加してくれた選手達並びに保護者の皆様、本当にお疲れ様でした。

またお会いできる日を楽しみしていると共に
選手達ひとりひとりの成長を心から願っています。

ありがとうございました!

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: 合宿   Tags: ---

【 StepUp & 選抜クラス セレクション 】

desafio20160312scs.jpg

所沢校で現在行っている、
「 StepUpクラス & 選抜クラス セレクション 」に付きましてですが、
コーチ推薦で体験を受けてもらう期間は、3月の25日(金)までです。

その後で、3月30日(水)〜3月31日(木)で行われる
春期技術強化合宿で、自らセレクションを希望している選手達のプレーを見て
4月1日(金)〜4月8日(金)までに合否のお知らせをいたします。

合宿に参加する選手でセレクションを希望する意志がある選手は、
必ず「 3月28日(月)」までに、コーチ、フロント・スタッフにお伝え下さい。

その期間までに確認が取れない場合は、
合否をお伝えする事ができませんのでご了承下さい。

ご不明な点などありましたら、
コーチ、フロント・スタッフまでご相談下さい。

よろしくお願いいたします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 世界基準のサッカー 】

desafio20160311Neymar.jpg

自分がブラジルに居た当初は、
たくさんの日本人サッカー留学生達が居た。

彼等は、日本で「 選抜」「日本リーグの下部組織」(現Jリーグ)、
「高校の強豪校」がどうだとか、自分がどこでプレーしてきた、
という事を自慢げに語っていた。

ブラジル人達とプレーしてるにも関わらず、
「ブラジル人は下手だ」「プレーするなんて余裕だ」
そんな事を言っていた選手も居たけれど、
そんな事を言っていた選手達は誰一人としてプロにはなれなかった。

そんな彼等は、日本の中の間違った狭い価値観で作り出された固定観念に縛られ、
自分の事を「サッカーが上手い」と勘違いし、過信のあまり、上手くなる為に最も重要な謙虚さを失い、目の前で何が起きているのか見えなくなっていた。

全くプレーできていないのに

「 自分はプレーできている 」と思い込んでしまってた。

世界のトップレベルの選手とプレーしていてもそんな事が起きるほど、
人間の固定観念というものは厄介なのかもしれない。

そんな間違った固定観念を持ちながら
世界の選手達のプレーをどれだけたくさん見ても、
本質的な部分を理解できる訳もない。

自分自身もサッカーが上手くなりたければ、
サッカーに対して常に謙虚で誠実でなくては駄目だという事を、
ブラジル人選手達のサッカーに対する姿勢から学んだ。

「 世界に出て自分は何ができる? 」

それを本気で考えられない選手は、
正しい方向へ向かって成長する事なんて絶対にできない。

Category: プライベート レッスン   Tags: ---

【 プライベートレッスン 】

desafio20160310pr1.jpg

先日は大阪から来てくれている
兄弟のプライベートレッスンがありました。

彼等は合宿にも定期的に参加しているので、
しっかりとした基礎技術を確実に身に付けています。

最初に会った時にはボールコントロールも安定していませんでいしたが、
いまではスクールに来ている選手達が行うリフティングは、
かなり高い確率でできるようになってきています。

desafio20160310pr2.jpg

一番重要なボールを持つ感覚や意識も確実に上がってます。

desafio20160310pr3.jpg

遠く離れていたとしても、
自分にとってはスクールに通っている選手と何も変わりません。

desafio20160310pr4.jpg

これからも責任を持って彼等をサポートしていきます。

次に会えるのは春期合宿ですが、
何かあればいつでも連絡を下さい。


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: チーム活動   Tags: ---

【 Jr.ユース & ユース体験会 】

desafio20160309jy.jpg

「 新たな可能性 」

3月6日(日)

4月からスタートするクラブチームの体験会を行いました。

選手達のプレーを見て多くの可能性を感じました。

彼等だけのチャレンジではなく、
自分自身にとっても大きなチャレンジです。

選手達の更なる成長の為
世界基準の新しい環境作りのスタート。

間違った人間が作り出した、狭く小さい価値観に縛られる事ほど
無意味でつまらない事はありません。

「上手くなり続ける」

「成長し続ける」

「進化し続ける」

新しい環境に関わる全ての人達と
それを本気で信じられる素晴らしい環境を作っていきます。

詳細に付きましては、また説明会でご説明させていただきますが、
入会希望の選手へは、スクールでも直接お話しさせていただきますので
ご質問等ありましたらいつでも声をお掛け下さい。

よろしくお願いいたします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: スクール   Tags: ---

【 コーチ研修 】

3月5日(土)明光本社でコーチ研修を行いました。

各校の明光サッカースクールのコーチ・スタッフで集まり
スクールのあるべき姿に付いて、方向性の確認、意思統一を行いました。


また、4月に新規オープンが決定しているスクール

「 いずみ中央校 」 

いままで草加校でメインコーチを担当していた「 福田 一馬 コーチ 」が、
新規スクールのメインコーチとしてレッスンを行います。

草加校のメインコーチは「 久保 巧 コーチ 」が担当します。

「 鈴木 翼 コーチ 」に関しましては、
月曜日レッスンのみ、いずみ中央校の担当となり、
火曜日と木曜日に関しましては今まで通り所沢校を担当いたします。

それに伴い所沢校のアシスタントコーチも若干変更があります。

月曜日 : 鈴木 翼 コーチ → 宮田 翔平 コーチ

水曜日 : 久保 巧 コーチ → 宮田 翔平 コーチ

金曜日 : 久保 巧 コーチ → 宮田 翔平 コーチ

宮田コーチは、以前所沢校のアシスタントに入ってくれていたので、
選手達に慣れるまで時間は掛からないと思います。

宮田翔平コーチ動画




ご不明の点など御座いましたら、
コーチ・スタッフまで声を御掛け下さい。

これからも、選手達ひとりひとりを最大限に成長させる為
しっかりとサポートしていきます。

よろしくお願いいたします。


テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: プライベート レッスン   Tags: ---

【 プライベートレッスン 】

desafio20160307pr.jpg

大人の方のプライベートレッスンを行いました。

基礎技術を身に付ける為のトレーニングを行いました。

上手くなれるからこそ、サッカーを本当に楽しめるし、
上手くなれなければ、何も楽しくありません。

そして上手くなる方法に大人も子供も違いはありません。

「 上手くなる 」

サッカーをしていくうえで最も大切で
絶対に忘れてはいけない感覚です。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: チーム活動   Tags: ---

【 第二回 クラブチーム体験会のお知らせ 】

desafio20160304sr.jpg

ブラジルサッカーを10年以上経験し、プロサッカー選手経験のある檜垣コーチと自分、ブラジルでの豊富なサッカー経験のあるプロコーチ陣、その指導方針に携わるプロコーチ陣による本格的な個の育成を目的としたジュニアユースチームとユースチームの体験会を行います。

[ ジュニアユース&ユースチーム体験会 ]

■ 日時:3月6日( 日曜日 )

■ 場所:所沢フットサルパーク

■ 午前8時 〜 ジュニアユースチーム

■ 参加可能選手:スクール生であれば新中学生以上

■ 午前9時 〜 ユースチーム

■ 参加可能選手:スクール生であれば新中学3年生以上
  
以前の体験会時に声掛けを行い参加したスクール生の選手は、
小学生であっても参加可能です。

またU-13クラス以上、新小学5年生で参加希望の選手は、
直接スクールでコーチ、または下期メールアドレスまで御相談下さい。

詳しくは下記のメールアドレスよりお申し込みください。

info@isca.jp.net

希望参加カテゴリー(ジュニアユース又はユース)・氏名・年齢(学年)・ポジション・現所属チーム・住所・電話番号

以上を明記の上、メールの件名を『体験会希望』としてお送りください。

お申し込み後に費用と振込先をメールにてお知らせします。


※ 日を改めまして説明会も開催致します。

3月26日(土曜日)

18時20分 より 19時30分

アットビジネスセンター渋谷東口駅前

502号室

説明会に付きましては、
また改めてブログにてお知らせ致します。


よろしくお願いいたします。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 自然 と 不自然 】

20160303Messi.jpg

自然なところから始まるか

不自然なところから始まるか

「 自然に利き足を使える選手 」と「 自然に利き足を使えない選手 」

この差は試合の中で

「ボールを持てる選手」と「ボールを持てない選手」

という形になって現れる。

日本では物心付いた瞬間から
常に不自然に「 両足を使う事 」を強要される。

そんな育成環境で育った選手達に、
自然な利き足の感覚を取り戻させるのは容易ではない。

そんな事にすら気付けないほとんどの選手達は、
自分が不自然な感覚とは知らないまま一生サッカーをしていく事になるので、
自分の持っている能力を最大限に伸ばす事はできない。

世界中の選手達のように
最初から自然に利き足を使える感覚でサッカーを始められたら。

「 ボールを自分のものにする 」という本質的な感覚に気付けるはずだ。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 感覚の話 】

desafio20160302.jpg

感覚の話を少し

技術を上げる事をひたすら意識していると、
自分の体に付いて考えるようになるのは必然です。

年齢が若いうちは、もともと持っている体の強さがあるので、
意識する必要のない(意識できない)事でも、年齢を重ねていき、
その表面的な強さが無くなっていき、やっと気付ける事も多いです。

技術を上げる為、その本質を知る努力が必要なように、
体の感覚も、その本質を知る必要があります。

アスリートの体 = 筋力、持久力、強さ

という漠然としたイメージがあると思います。

しかし、それ以上に大切なもの

そういった表面的なものだけではなく、
自分自身が自分の体をどこまで感じられるのか?

という事の方が重要だと思います。

それが意識できないまま日々の生活をしていくと、
自分の体の感覚はどんどん鈍り退化していきます。

自分の体は世界に1つしかありません。

様々なアスリートを見て感じたり、
言葉を聞いて参考にする事は大切ですが、
それが100%自分にあてはまるという保証はありません。

結局自分の体の感覚は、
自分自身が感じていかなくてはいけないんです。

テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

Category: コーチング   Tags: ---

【 取り組む姿勢 】

desafio20160229Messi.jpg

世界のトッププレイヤーほど
謙虚な姿勢でサッカーに取り組んでいる。

実際にブラジルで育成年代からプレーしてきたので
その意味を常に感じてきた。

彼等にとって素晴らしい選手になれる基準は、
ただ「サッカーが上手い」というだけではなかった。

ブラジルの育成年代には数えきれないほど、
才能に溢れた選手達が存在していたが、
プロになって活躍し結果を残せる選手はほんの一握り。

プロの中でも特に優れた選手達は実際人間性も素晴らしかった。

どれだけ素晴らしい才能を持っていたとしても、
傲慢で人間的に問題を抱えていた選手に結果は付いていかない。

それを選手達を取り巻く環境に居る人間達も全て理解していた。

その価値観は日本人とは多少異なるかもしれないけれど、
とにかくサッカーに対して純粋で誠実、そして謙虚だった。

上手い選手ほど謙虚

下手な選手ほど傲慢

世界を基準にして自分を考えたら
謙虚になるのは決して難しい事ではない。



テーマ : サッカー    ジャンル : スポーツ

プロフィール

毛塚 武文(けづか たけふみ)

毛塚 武文(けづか たけふみ)
1975年生まれ 埼玉県出身。
ブラジルのプロチーム、FCサンベルナードとプロ契約し、サンパウロ州選手権に出場。
FIFA(国際サッカー連盟)公認コーチライセンスを保有。
現在、明光サッカースクールで指導者として活動中!

最新コメント
最新トラックバック
スポンサーリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR